二十四節気「2月19日」

泉佐野 花屋 スィトピー

2月19日から二十四節気は「雨水」になります。

 

※雨水について※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2月19日頃(2004年は2月19日)。
および「啓蟄」までの期間
「立春」から数えて15日目頃。

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。
草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。
春一番が吹くのもこの頃です。

しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもします。
三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていきます。

地方によっても違うようですが、この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれるといわれています。

<三寒四温> 寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいということ。
これを繰り返しながら、だんだん暖かくなり、春へと向かいます。
もともと、中国北部や朝鮮半島の冬の気候を表す言葉で、後に日本に伝わりました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

当店では、
この時期「スイートピー」をお勧めしています!

ぜひぜひ、遊びに来てください!




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

えとう

当サイトの運営責任者。ラルブルのオーナー。深ぁ〜く考え抜いて、簡単に解釈することが生きがい。花の仕事は、お店のギフトから雑誌のコーディネートから、最近はいろんなことにチャレンジしてる結果、多忙すぎてブログの記事更新はサボり気味。。 一緒に仕事できる仲間を募集中です!僕の仕事を手伝ってください(汗)

最新記事 by えとう (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトの運営責任者。ラルブルのオーナー。深ぁ〜く考え抜いて、簡単に解釈することが生きがい。花の仕事は、お店のギフトから雑誌のコーディネートから、最近はいろんなことにチャレンジしてる結果、多忙すぎてブログの記事更新はサボり気味。。 一緒に仕事できる仲間を募集中です!僕の仕事を手伝ってください(汗)