二十四節気:冬至

こんにちは!

クリスマスムードがあっちこっちで盛り上がってきていますね。
昨日は、某打ち合わせで「なんばパークス」に行ったましたが、
イルミネーションがすごくって驚きました!

さて、今日は冬至です。

最近いわゆるスピリチュアルな事に
どうも興味が行ってしまい、
そんな本を読んだり、ウェブページを探して読んだりして、
感化されてしまっていますが(笑)

「冬至」っていうポイントには、
「陰陽」の切り替わりという意味合いもあるようですね。

夏至から冬至にかけては「陰」が高まる時期で、
冬至から夏至にかけては「陽」が高まる時期。
そういう意味合いもあるようです。

2015年は、
夏頃から特に重箱の隅をつつかれるような出来事が多いような流れだったようで、
個人的に思い当たる節もあり、
社会的に見ても「なるほど」と思うこともたくさんです。
苦しいポイントから抜けていきそうな方も多いんじゃないでしょうか。

まーあくまでこれは最近感化されまくってる僕の個人的な感じ方なので、
あーまた変なこと言うてはるわ。ぐらいで止めておいてください(笑)

 

さてそれでは早速、
節気のお話です。

本日12月22日は二十四節気の「冬至(とうじ)」にあたります。

<冬至(とうじ)>
~参考サイト:日本の行事・暦

12月22日頃(2015年は12月22日)。
および小寒までの期間。
大雪から数えて15日目頃。

太陽が軌道上の最も南に来るときで、
夏至と反対に、夜が最も長く、昼が短い日。
夏至から徐々に日照時間が減っていき、南中の高さも1年で最も低くなることから、
太陽の力が一番衰える日と考えられてきました。

冬至は「日短きこと至る(きわまる)」という意味。
中国では、この日から新年の始まる日で、先祖を祀る習俗があります。

一陽来復(いちようらいふく)とも言います。

===================

柚子(ゆず)湯
冬至といえば柚子(ゆず)湯。
この日に柚子湯に入ると風邪を引かないと言われていますね。
「融通がきくように」との説がありますが、単なる語呂合わせ?
柚子には体を温める効果があります。
柑橘系の香りでゆったり、リラックスしたいですね。

===================

一陽来復(いちようらいふく)
冬至のことを一陽来復とも言います。
「一陽来復」は中国の「易経」に出てくる言葉。
中国の昔の暦では10月はすべて陰の気で覆われ、
11月になると陽の気が復活し、冬至を境に長くなっていくとされています。
つまり、衰えていた太陽の力が再び勢いを増してくるというわけ。
そのため、新年が来るという意味の他に、
悪いことが続いた後に幸運に向かうという意味も込められているのです。
良くないことが続いている人も、冬至が来たら
「さあ、これからは良いことがどんどんやって来る」と気持ちを切り替えましょう。
そういうきっかけを与えてくれる日でもあるんですよ。
早稲田の穴八幡などの神社では「一陽来復」のお守りが配られます。

===================

伊勢神宮 冬至祭
冬至の前後2カ月間は、伊勢神宮の宇治橋と鳥居のまん中から朝日が昇ります。
それはそれは神々しい光景だそうです。
毎年冬至の日に「冬至祭」が開催され、
宇治橋前で「冬至ぜんざい」が振る舞われています。

===================

この時期のオススメの切り花は「シンビジューム」です!

シンビジューム

写真は、オレンジのシンビジュームですが、
白やピンクやグリーンなどなど、いろんな色のお花があります。

この時期の贈答用のお花などで、
鉢植えのシンビジュームの需要が非常に多いので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

切り花としての出荷も非常に多い時期で、
お正月を迎えるお花に1本添えるだけで、
すごい豪華な花飾りに変身します!

松とシンビジュームだけでシンプルに。
横には、千両の赤い実や、仏手柑(ぶっしゅかん)などをそっと添えるだけで、
素敵なお正月飾りも可能です。

シンビジュームは日持ちも非常に良いので、
飾りっぱなしで、お正月はゆっくり。

クリスマスが終わったら、
急にお正月ムード。
この季節「シンビジューム」がオススメです!

それでは、また次回お楽しみに♪

 

最近ハマってるエアプランツ。 店頭でも販売中のキセログラフィカ。 2年前ぐらいにも 一回個人的ブームがあったけど、 この度再燃。 空気の中の水分で育つ。 という植物なので、土も不要。 写真みたいに 好きないれもんにポイッと入れて 壁に吊るすなんて事もしやすく インテリアにもスッと馴染む。 しっかし、 長期間の育成はできたことがないので チョッと勉強してみます。 はぁ〜かわい。 #flower #花 #花屋 #花のある暮らし #植物と暮らす #ほっこり #plants #植物 #飾る #自分だけの空間 #feel #feeling #キセログラフィカ #エアプランツ

keyさん(@larbre_owner)が投稿した写真 –




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

えとう

当サイトの運営責任者。ラルブルのオーナー。深ぁ〜く考え抜いて、簡単に解釈することが生きがい。花の仕事は、お店のギフトから雑誌のコーディネートから、最近はいろんなことにチャレンジしてる結果、多忙すぎてブログの記事更新はサボり気味。。 一緒に仕事できる仲間を募集中です!僕の仕事を手伝ってください(汗)

最新記事 by えとう (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトの運営責任者。ラルブルのオーナー。深ぁ〜く考え抜いて、簡単に解釈することが生きがい。花の仕事は、お店のギフトから雑誌のコーディネートから、最近はいろんなことにチャレンジしてる結果、多忙すぎてブログの記事更新はサボり気味。。 一緒に仕事できる仲間を募集中です!僕の仕事を手伝ってください(汗)