二十四節気:小寒

新年、明けましておめでとう御座います!

お正月から少しお日にち経ったので、
もうお正月気分が抜けている人もいらっしゃるかもしれません。

僕たちは、例年より1日だけ多くお休みいただき、
休み前は「ひゃっほぅ!」と思ってワクワクしてましたが、
過ぎればあっという間(笑)
1月4日より本年度の営業を開始しています!

あなたも充実した年末年始を過ごせましたか??

僕は、年始はきっと神社も人でいっぱいだろうなぁと思い、
年末に、ずっと行きたかった奈良県の「大神神社(おおみわじんじゃ)」というところに
1年の禊を落としに行ってきました。(水行などはやってないですよ。行っただけです。)

さてさて、
僕の話はこんなところにしておいて、
早速本年最初の節気のお話、

本日1月6日は二十四節気の「小寒(しょうかん)」にあたります。

<小寒(しょうかん)>
~参考サイト:日本の行事・暦

1月5日頃(2016年は1月6日)。
および大寒までの期間。
冬至 から数えて15日目頃、
冬至 と大寒の中間。寒さが加わる頃という意味で、いわゆる「寒の入り」のこと。

小寒から節分までの30日間を「寒の内」といい、
寒風と降雪の時節で、寒さが厳しくなる頃。

これから冬本番を迎えます。
寒稽古や寒中水泳が行われるのは、この「寒」の時季です。
立春が「寒の明け」になります。

この日から、寒中見舞いを出し始めます。

===================

寒四郎
小寒から4日目。
この日の天候がその年の麦作の収穫に影響があるとされ、
麦の厄日とされています。

===================

寒九
小寒から9日目。
この日に降る雨は「寒九の雨」と呼ばれ、
豊穣の兆しという言い伝えがあります。

===================

過ごし方
・この日から「寒中見舞い」を出します。
・そろそろ、お正月の重箱や漆器などの片づけをしましょう。
・7日の人日にいただく、七草がゆの準備もお忘れなく。

===================

この時期のオススメの切り花は「水仙」です!

水仙

 

我が家の玄関先でも
お花が咲いてきています。

比較的、露地物のお花の開花時期とも出荷時期が変わることもなく、
個人的には、なんとなくホッとするお花です。

写真は一番ポピュラーな「日本水仙」という水仙で、
見かける水仙のほとんどはこのお花。

すっと1輪挿しにも綺麗に咲いてくれるので、
リビングにほんの1輪でも素敵です。

他にも大輪のお花の品種や、
スプレー咲きのたくさんお花がついた品種など、
たくさんの品種がこれから出回ってきます。

今年は、年始のセリの日程が変則で、
まだ入荷はしていませんが、次の仕入れでは入荷の予定です。
ぜひお近くの方はお店にお立ち寄りください♪

それでは、また次回お楽しみに♪




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

えとう

当サイトの運営責任者。ラルブルのオーナー。深ぁ〜く考え抜いて、簡単に解釈することが生きがい。花の仕事は、お店のギフトから雑誌のコーディネートから、最近はいろんなことにチャレンジしてる結果、多忙すぎてブログの記事更新はサボり気味。。 一緒に仕事できる仲間を募集中です!僕の仕事を手伝ってください(汗)

最新記事 by えとう (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトの運営責任者。ラルブルのオーナー。深ぁ〜く考え抜いて、簡単に解釈することが生きがい。花の仕事は、お店のギフトから雑誌のコーディネートから、最近はいろんなことにチャレンジしてる結果、多忙すぎてブログの記事更新はサボり気味。。 一緒に仕事できる仲間を募集中です!僕の仕事を手伝ってください(汗)