二十四節気:大寒

寒〜っ!

という毎日ですが、
みなさまお元気でしょうか??

ちゃんと節気の動き通り、
「小寒」の頃合いから「大寒」の時期に、
寒い季節が到来しましたね。

今年は、例年と比べると「暖冬」とも言われていますが、
寒いもんはやっぱり寒いです(笑

まーこれまでは温かったですけどね。

さてさて、それでは本日の節気のお話です。

本日1月21日は二十四節気の「大寒(だいかん)」にあたります。

<大寒(だいかん)>
~参考サイト:日本の行事・暦

1月20日頃(2016年は1月21日)。
および立春までの期間。
小寒から数えて15日目頃。
冬の季節の最後の節気。

寒さがさらに厳しくなり、1年中で最も寒い時季です。
小寒から立春までの30日間を寒の内といい、大寒はそのまん中にあたります。

寒稽古など、耐寒のためのいろいろな行事が行われ、
寒気を利用した食べ物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込む時期です。

===================

寒の水
寒の内の間に汲んだ水のこと。
この時期の水は、雑菌が少なく体にも良いとされてきました。
また、長期保存に向いているとされ
「寒の水」で作られた味噌、醤油、酒は腐らないといわれています。

===================

過ごし方
家庭で手作り味噌を作っておられる方は、この時期に仕込みましょう。

===================

 

さて、この時期にオススメの切り花は「ラナンキュラス」です!

ラナンキュラス

ここ数年非常に人気のお花で、
お花がお好きな人はご存知の方も多いんではないでしょうか。

優しい花びらが幾重にも重なる
花姿は、とっても綺麗で、
ずっと見ていられます(笑

品種的には、
比較的カジュアルなものから、
ものすごい高価な「大輪種」など様々で、
お花屋さんによっても、
陳列されているラナンキュラスの種類は様々です。

比較的いろんな種類のお花が、
通年出回るようになっていますが、
この花は、この時期だけ。

せっかくなので、
ほんの一輪、お部屋に飾るだけで、
パッとお部屋の雰囲気が素敵になりますよ♪

それでは、また次回お楽しみに♪

 

P.S.

このブログシリーズで書いてる「二十四節気」に合わせてお届けする、
季節のお花の定期便が、おすすめ!です。

毎月二回お届けする季節のお花と、節気のお話。
四季のある国に生きているからこその、側にある生活の豊かさを
一緒に体感しませんか?

詳しくは、二十四節気のお花の定期便をご覧ください。




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です