結婚式で作った作品。その1

こんにちは!ブログ担当の加奈です。
暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

以前、自己紹介で「ウエディングアイテムは自作した」と書かせていただきました。自分で作った方が結婚式の費用の節約になるからです。自分のフラワーアレンジメントのスキルも上がりますからね。

生花は鮮度を保つために結婚式前日までに準備をしなければなりませんが、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーなら、枯れる心配がないので何ヶ月も前から準備ができます。

私が作ったのはブーケ2種類、ブートニア3種類(新郎&父親用)、ウエルカムボード、リングピローです。その中でも一番上手にできたのはリングピローだと思っています。リングピローは、専用の花器にお花を平らになるようにアレンジするのです。私はハート型の花器を使用しました。アレンジの真ん中にパールを2粒配置し、そこに結婚指輪を置いてリングピローの完成です♪(写真のリングピローではパールが埋まってしまっていますね…^^;)

自作のウエディングアイテムの中で一番簡単だし、コストもあまりかからないので、リングピローの完成度には我ながらとても満足しています。フラワーアレンジメント初心者でも、ブーケはハードルが高くてもリングピローならできそうという人も多いはず!興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください^^




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です