がびーん!

こんにちは!ブログ担当のミモザです。

今日はフラワーベース(花瓶・花器)について、ちょっぴり耳よりなお話しをしようと思います。

みなさんは、お気に入りのフラワーベースのお手入れをどのようにしていますか?

お花を生けていない、空のフラワーベースをそのままリビングや玄関などに置いたりはしていませんか?ついうっかり・・・ということもあるかと思いますが、お花が終わったあとは漂白剤などを用いたりしてきれいに洗浄し、ぜひ早めに収納するといいですよ♪

実は、このフラワーベース。空の状態でおいておくと、良い気を吸い込んでしまうのだとか!がびーん!(花瓶)

お部屋の中は、きれいなお花を眺めながらいい気で満たしたい、という気持ちからお花を飾りますよね。

せっかくいい気で満たされたのですから、台無しにするのはもったいないです。

ここで、エコな収納方法をご紹介します!

フラワーベースを収納するときには、新聞紙などを丸めてフラワーベースのなかに軽く入れて収納してみてください。もしフラワーベースがガラス製の場合は、くれぐれもぐいぐいと押し込んだりしないようにしましょう。破損の原因になってしまいます。

こうしておくと、いい気を吸い込むこともなければ悪い気を放つこともありませんし、なによりも衝撃を和らげる役目にもなるので、おすすめですよ♪お試しください。




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。