夏の風物詩も、切り花で美しく♡

こんにちは、ブログ担当のミモザです!

お盆を迎え、夏休み中のお子さんたちも元気な毎日を過ごしているのではないでしょうか。

ミモザの子どもたちはもうすっかり大きくなったので、子どもの相手で夏を通り過ぎるということはなくなってしまいました。ちょっぴり寂しいような、手が離れてうれしいような・・・。やっぱり、うれしいです 笑

夏休みといえば、子どもの学校での朝顔観察ではないでしょうか。

地域性もあるかもしれませんが、朝顔を種から育てて絵日記をかいて、夏休みあけに提出するのはよくある光景だと耳にしています。

朝顔といえば、つる性なので上へぐんぐん伸びていくという印象ですよね。

実はこの朝顔、屋外だけではなくて屋内でも楽しむことができるんですよ!

使いたいフラワーベースに合わせて、バランスよく朝顔のつるをカットします。

そして、合わせたいお花があれば一緒に飾ってみてもステキだと思います。

この朝顔、実に生命力が強くて太陽のひかりを浴びることさえできれば、次々と花を開いて私たちを楽しませてくれます♪

ためしに、つぼみをつけた朝顔をカットしてお部屋で生けてみてください。

太陽の光をどれだけ浴びたかによって、色のグラデーションも違うそうなので本当に楽しませてくれそうですよ♡

ちなみに朝顔の花言葉は、「固い絆」「はかない恋」「愛情」です。どれをとっても「愛」が土台にないと育たないことばかりですね。




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

最新記事 by ミモザ (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。
ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。
だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。
心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。