レインリリー

こんにちは、今日も相変わらず元気でハイテンションなブログ担当、ミモザです!

みなさんお元気でしょうか?台風が次々とやってきましたね。

あちこちに爪あとを残していった台風、もう大丈夫かなと思っていたのに南のほうでウロウロしていた台風がなんと律儀にUターン!

もう勘弁してください。

 

そんな台風のあとに可憐な花を咲かせる、通称“レインリリー”をご存じでしょうか?

北国では雪が溶けて春がやってくると、福寿草に並んで早春に咲く花“クロッカス”がありますが、見た感じはそのクロッカスに似ているかもしれません。

ただ、レインリリーはクロッカスよりも背丈が若干あって葉が細いので華奢なイメージ。

レインリリーというのは通称で、正しくは“ゼフィランサス”といい、暖かい地域で咲くようですね。

レインとついていますが、実はただの雨では咲かずに、台風が去ったあとに咲くのだそうですよ。

やっぱり自然ってすごい。自然現象の台風も、自然そのものを感知して花を咲かせるレインリリーも、みんなすごいです。

もしかしたら人間が一番鈍感かもしれませんね。モノが便利になればなるほど、人間は退化していってしまうのではないだろうか、とちょっぴり行く末を案じてしまう、ミモザです。

※店長江藤の追伸。
「ゼフィランサス」は「玉すだれ」という和名でも親しまれていますよ♪




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です