ウエディングとお花

こんにちは、今日もお会いしましたね!ブログ担当のミモザです♪

もうそろそろ暑さも落ち着いてくる頃・・のはずです 笑 暦のうえでは。

 

さて、ウエディングのお話しをいきなりしてみましょう。

ラルブルでは、結婚式会場の飾り付けやブーケなどをお花たちでステキにさせていただいています。

ここでふと思ったのですが、みなさんの中でご結婚された方やこれからの方もいらっしゃると思います。結婚に関するアレコレのシーンでお花を使ってステキに演出した方、またはこれからそうしようと思っている方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?

 

ミモザはもう結婚して20年経ちましたが、自分のときはオレンジ色のバラを使ったフラワーアレンジをお願いした記憶があります。

すっかり思い出すこともなくなったブーケの記憶がいま、蘇ってまいりました!

オレンジのバラとブルースターという水色の花をアレンジしてくれた気がします。若かった自分にぴったりの色合いかもしれません♪

 

このように、ウエディングのときに“華”を添えてくれる花は、普段思い出すことがなくても記憶の引き出しの中にそっとあるものなんですね♪

これからの季節ですと、スカビオサやダリア、ケイトウでブーケというのもステキですよね。

 

ウエディングブーケは、花嫁を邪悪なものから守ってくれるという言い伝えがあるそうです。これからブーケをどうしようかなとお考えの方は、自分が好きなお花と季節のお花を使ってみるとさらに守護してくれそうですね。




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。