目的別!ブーケの種類のご紹介

こんにちは!ブログ担当の加奈です。

今日は茎を活かしたブーケのご紹介です。
あなたは「ブーケ」と聞くと、どのような形をイメージしますか?

花屋で販売されているラッピングされた花束や、結婚式で新婦が持つブーケをイメージするかもしれません。

 

今回ご紹介するのは、あえて「茎が見える」ブーケです。
こちらの2種類のブーケ。

3_Fotor 3下_Fotor

上は「スパイラルブーケ」(形が崩れちゃってますが…)、
下は「パラレルブーケ」といいます。

緑色の茎をあえて見せることで色とりどりの花を引き立てる役割を果たします。

 

スパイラルブーケは花を束ねるときにきれいならせん状になるよう指を順番に動かしながら丁寧に束ねていきます。これが意外と難しくて、はじめは指をつりそうになりました(笑)。

そしてフラワーアレンジメントの先生曰く「茎だけで立てなければやりなおし」だそうで…(苦笑)私のアレンジはかろうじて立てたので一安心しました。今は空の花瓶に入れて飾っていますよ。

 

パラレルブーケは1本の花を中心に茎がまっすぐになるようにアレンジしいていきます。束ねるリボンがアクセントになってより一層かわいらしさが増しますね。結婚式のブーケでもパラレルブーケを希望する新婦は多いです。

 

ブーケやフラワーアレンジは、茎が隠れていることがほとんどなので、「茎は見えない方がいい?」なんて考えてしまいますが、そんなことはないですよ♪

茎を活かしたアレンジ、ぜひ参考にしてみてくださいね。




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です