keitou??

こんにちは!ブログ担当のミモザです。

あいも変わらず次から次へと台風がやってきていますね。台風が通過するたびごとに、風の印象がかわっていくのを感じますよね。これからは雨がつめたくなり、木の葉の色も段々と黄色を帯びてくるようになるのを見るようになります。

こうして季節が移り変わり、あっという間に年末に・・・!いやぁ、年をとるのが早いのなんのって。

 

おっと、加齢のせつなさの話しをしている場合ではありません。

白露のこの時期、オススメな花は「ケイトウ」だと江藤が紹介しましたが、実はミモザは子どもの頃「毛糸」だと思っていました♪見た目も植物っぽさがないと思いませんか?手触りがふわふわとしていて、身近な植物としてはちょっぴり異質に感じた幼少時代の思い出です。

このケイトウ、漢字でかくと「鶏頭」となります。もう見た目そのままなので、わかりやすいですよね。そっと手で触れると、なんとも心地いいやさしさがある花です。

この花は実は寒さにめっぽう弱い!そのかわり暑さにはとても強く、キレイに育ってくれる花です。そのわりには、不思議なことに開花時期が7月から11月までと長いのです。育てると、長く楽しませてくれる花といえるでしょう。

 

しかもケイトウは種類は多くあるので、種類ごとに育てわけるのも楽しさのひとつになりますね。ぜひテーブルの上でも楽しんでいただきたい花のひとつです。




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です