かぼちゃの花

こんにちは、ブログ担当の加奈です。

ハロウィーンが近づいてきていますね。

最近ではクリスマスと同じくらいの盛り上がりを見せているハロウィーン。この時期をいつも楽しみにしているという方も多いのではないでしょうか?

 

ところであなたはかぼちゃのお花って見たことありますか?

 

残念ながら私は見たことがないのですが、かぼちゃの生育とお花の関係について調べてみました。

 

かぼちゃのお花は、「雄花」と「雌花」の2種類があります。通常、1つの花に「おしべ」と「めしべ」がありますが、かぼちゃの場合は別々の花におしべとめしべがあるため、自然受粉しにくい傾向にあるようです。

 

そこで、人の手によって授粉させる「人工授粉」をします。

雄花の花びらをすべて取って、おしべをむき出しの状態にしてから、雌花のめしべに接触させて人工授粉は完了です。

ただ、タイミングが難しくて、「授粉能力の高い朝の9時までに完了させること」と「雄花と雌花が同時に咲いている晴天の日に行うこと」が条件だそうです。こうした過程を経てかぼちゃは着果すると考えると、生育にはほんのひと手間かかっているのだなと思いますね。

 

これから旬を迎えるかぼちゃ。

私はハロウィーンよりかぼちゃを食べるほうが楽しみです(笑)。

 

****

誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

えとう

当サイトの運営責任者。ラルブルのオーナー。深ぁ〜く考え抜いて、簡単に解釈することが生きがい。花の仕事は、お店のギフトから雑誌のコーディネートから、最近はいろんなことにチャレンジしてる結果、多忙すぎてブログの記事更新はサボり気味。。 一緒に仕事できる仲間を募集中です!僕の仕事を手伝ってください(汗)

最新記事 by えとう (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトの運営責任者。ラルブルのオーナー。深ぁ〜く考え抜いて、簡単に解釈することが生きがい。花の仕事は、お店のギフトから雑誌のコーディネートから、最近はいろんなことにチャレンジしてる結果、多忙すぎてブログの記事更新はサボり気味。。 一緒に仕事できる仲間を募集中です!僕の仕事を手伝ってください(汗)