美しい花は毒をもつ?!

こんにちは!ラルブルのブログ担当、ミモザです。

そのリーズナブルな価格と、多くの人に愛される芳香をはなつ春の花といえば、スイートピーですね!だいたい3本程度1束として、お花屋さんに並んでいるのを目にすることが多いのではないでしょうか。

カラーも、ピンクや白、黄色や紫やオレンジなどがあり、選ぶのも飾るのもとても気分があがる花といえますよね。

そして先ほどもいいましたが、なんともいえない甘く優しい香り!
スイートピーを飾るだけで、部屋中が居心地よくなる不思議な花といえそうです。

ただ、お花屋さんで売られているスイートピーをみてお気づきかと思いますが、「葉」をみないですよね。

市場に出回っている姿は、ちょっと平たい茎とお花だけです。
とはいえ、スイートピーも普通に葉はあります♪マメ科なので、お花が終わった後にはマメができます。

このマメは養分を吸収してしまいますから、摘んでしまいましょうね。

 

ちなみに、スイートピーのマメや茎は、有毒性がありますので、大切なペットがかじってしまわないように気をつけるのが好ましいです。

麻痺を起すことがあるようですので、やはり花が終わったらマメができる前に積んでしまうのが得策といえそうですね。

 

****

誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。