ベロニカ、その由来は聖女にあり。

こんにちは、ラルブルブログ担当のミモザです。

子どもの頃、その辺に咲いているオオバコの穂の部分を引っこ抜いて、友達と絡ませて相撲をした記憶があります。
その名も「オオバコ相撲」! ミモザの住む地域だけだったりして・・・?

そんなオオバコも、立派な生薬。主にダイエッターの強い味方であります!
オオバコは地味すぎる見た目ですが、見た目が美しいベロニカは実はオオバコ科に属しています。

そういわれて見たら「トラノオ」が・・!と気がつきますね。
このベロニカの名前ですが、エルサレム出身の聖女ベロニカに由来しています。

イエス・キリストが十字架を背負ってゴルゴダの丘へ向かう途中に、イエス・キリストの顔をぬぐってあげたとされる伝説の聖女です。そのとき、イエス・キリストは自身の顔をその麻布に写して、ベロニカに戻したといわれています。
そして、ベロニカはその布で皇帝ティベリウスの重い病を治したのだとか。

こうした由来をもつベロニカですが、なぜこの花とリンクされているのかミモザにはいまだピンときていません。その聖女とこの花がなにか繋がりがあるのだろうか・・・?

考えると夜も眠れなくなりそう。

 

さて、ベロニカですがその姿は控えめな印象を与えますよね。
フラワーアレンジやお花のプレゼントなどに使われることが多いお花です。
このベロニカを加えることで、一気にそのアレンジメントが華やかになります!
不思議ですね、ベロニカそのものは決して目立つ姿ではないのに、主役級の花たちのなかに入ると存在感がアップするだなんて。

私たち人間社会でもこういう人がいるはずです。

決して自己主張が強くないけれど、その場をしっかりまとめる陰の立役者のような人が♪そういう人が身近にいたら、大切にお付き合いをしていきたいですね。




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。