新年のご挨拶申しあげます。

こんにちは、ラルブルのブログ担当、ミモザです。

日頃、ラルブルをご愛顧いただきありがとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り 、誠にありがとうございました。

新年を迎え、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ミモザがまだうら若き乙女だった頃、年末年始はお店がほとんどやっておらず、そのために食料品を買い込んでいたものです。

蛍の光が流れるにはまだ明るい時間帯に、慌てて買い物を済ませた思い出があります♪いまは24時間営業のお店が増えたので、蛍の光を聞くことがなくなりましたね。

さて、松の木のお話しをしましょう。
新年を迎えるにあたり、神棚や玄関にきれいなお花と一緒に松を飾ると思います。
あまり深く考えずに松を飾っている人はいませんか?

実は、松はその年の「年神様」が降りてこられるための「めじるし」なのです。
神様は松を依りしろとして降りてくるのですね。

そもそも神様は清浄な場所にしかきてくれません。
ですから、新年を迎えるときは玄関が神棚をきれいにして、年神様をお迎えするのです。風水と通ずるところがありますね。

さぁ、神様のお話をしたところで・・
本年も倍旧のお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

最新記事 by ミモザ (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。