こんな季節ですが。こんにちは、あじさいです。

ラルブルブログをご覧のみなさま、こんにちは!担当のミモザです。

12月の二十四節気には、あら!この時期に?
と一瞬びっくりのお花が定期便としてみなさまのお手元に届いたことと思います。

そのお花は「あじさい」です。あじさいというと、5月~7月の頃に花を咲かせることで知られていますよね。かたつむりが葉っぱのうえを歩いていて、雨がシトシト降っていたり・・・そんなイメージが強いと思うのですが、今回お届けしたあじさいはとてもやわらかい色合いのあじさいとなっています。

うっすら柔らかなピンク色ですね。心がほっとする色合いで、とてもステキなあじさいです。あじさいは、植わっているその土壌の性質によって花色が決まるとされていますね。では、土壌がアルカリ性だったら何色のあじさいになるでしょうか!

答えは、ピンク色です♪

 

アルミニウムが溶けていない土壌は、中性からアルカリ性になっているので、アルミニウムを吸収することができずにピンクになるのだそうですよ。

ということは、アルミニウムが溶けている土壌はどうかというと、酸性に傾いているので青色のあじさいになるというわけです。ちなみに白いあじさいは見ての通り、色素がありません。

ですので、土壌の性質に影響されることなく、どこでも白いあじさいなのです。
そして季節問わずきれいなお花を楽しめるのは、生産者さんの努力の賜物なのですよね。だから、ブライダルのシーンやフラワーギフトなどにも通年とおして使うことができるのですね♪




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

最新記事 by ミモザ (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。
ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。
だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。
心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。