2度おいしい、グリーンベル♪

こんにちは、ミモザです。

季節の花を楽しむことができる「お花の定期便」、
少し前にお届けした中にグリーンベルというお花がありました。

わたしもお花屋さんで目にすることがあります。

まぁるい風船のようになっている中から白い小花が、ぴょこん!と顔を出しています♪
控えめというか、繊細な印象すら感じるこのグリーンベルですが、フラワーアレンジメントにかなりの頻度で利用されます。
自己主張しすぎないけれど、ちゃんと個性を持っている感じがいいのかもしれません♪

惹かれる人はとっても惹かれる、そんなお花です。人間関係と、ちょっぴり通じるものがありそうですね。

グリーンベルは北アフリカ原産のお花で、切花として主に流通しています。
私たちが手にする状態のときはさほど長さを感じませんが、実は1mほどに成長するナデシコ科のお花なんですよ。

そしてなんといっても、観賞の面白さです!
どんなに美しいお花も、時が立つにつれてしおれて枯れていってしまいますが、グリーンベルはちょっと違います。
1週間ほどの観賞期間を過ぎると、白い小花は枯れてなくなりますが風船のようになっているグリーンの部分は残るのです!
ですから、その後も風船だけになったグリーンベルをややしばらく楽しむことができるんですよ♪

2度楽しめるグリーンベルを入れて、お花のギフトを贈るのもいいですね。




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。