花は、自分からミツバチを探しに行きますか?

探さない。

待つの。

 

!!!!!!何それカッコいい!!!!!!

 

こんばんは、ホリです。
お笑い好きな方はきっとすぐにハッとなりましたよね。
最近テレビをつけたらよく見る、そう、

ブルゾンちえみ。

年明けにネタを見てから、売れるんだろうな~と思っていたらあっという間!
女子中高校生がメイクの真似をしたりしているそうで。
すごいですね、彼女。
R-1にも出るそうなので、お笑い好きとしては楽しみです~

**********

さて、そんなブルゾンちえみさんのネタの冒頭文。
ミツバチが好きな花、といえば春に咲くレンゲなんかがあります。
(別名でゲンゲ、レンゲソウとも言います)
このレンゲにも、ギリシア神話にまつわるお話があるので紹介いたします。

ある日、仲の良い姉妹が祭壇に捧げるための花を摘みに野に出かけました。
水辺に咲いているレンゲを見つけた姉ドリュオペがその花を摘むと、
なんと折った茎から血が…!
実はその花、美しいニンフ(ギリシア神話に登場する下級女神・精霊)が
しつこい男(生殖の神プリアポス)から逃れるために姿を変えたものだったのです。
花を摘んだドリュオペの足は呪いで草に変わり、根が張っていきました。
彼女は「花はみな女神が姿を変えたもの。もう花は摘まないで」と
妹イオレに言い残し、レンゲソウになってしまいました。

と、いう何とも悲しいお話。
ちなみに花言葉に「私の苦しみを和らげる」というものがあるのですが、
これはこのギリシア神話が由来になっているそうです。

花言葉もいろいろありますが、ギリシア神話も諸説あるので
学生時代は「何が正しいんだー!」となっておりましたが、
自分が好きな言葉や話をチョイスすればいいんじゃないかな、と思います。

何か想いを伝える際は、ぜひ好きな花言葉と
ラルブルのフラワーギフトを活用してみてくださいね。
女性がきっと、種をまいて待ってくれているはずですから!笑

それでは今日はこの辺で。

withBの“B”は“Bee(蜂)”と思っていたホリでした。
※正しくは「ブリリアン」というコンビ名




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けしたい✧˖°

最新記事 by ホリ (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けしたい✧˖°