樹木と季節の関係

みなさんこんにちは!ラルブルブログ担当のミモザです。

みなさんは、冬の時期に森林へ足を運んでみたことはありますか?
そんなところへはなかなか行く機会なんてないわ~!という方がほとんどですよね。

では、街路樹の周囲に雪が積もっているのをみたことはありませんか?
少なからず、こちらの条件のほうが「ある!」という方が多いかもしれませんね。
樹木の周囲に雪がびっしりと積もるような厳冬を越え、春がそろそろやってくるかも?

という兆しが見え始める頃、樹木の周囲も変化が見え始めます。
それは、「根あき」という春を告げる現象なんです♪

ミモザの住んでいる家の裏手は、樹木が沢山生えているのでこういった現象を毎年みています。まるで、その樹木を避けるかのようにぽっかりと雪がないんですよね。

これをみるようになると「あぁ、そろそろ春がやってくるんだな~!」と、気分が軽くなります。

ではなぜ、このような現象が起こるのかというと、それは樹木が雪よりも色が濃く、太陽エネルギーを集めやすいから!

黒い服を着ていると暖かいのと同じですね。

そして、空を吹く風が樹木に当たると、その風は下に流れて地表にぶつかります。
ぶつかったときに雪を舞い上げるので、平均的に積雪も少なめという説もあるようですよ。

私たちに身近な樹木も、ただそこにいるだけで春の到来を告げる風物詩といえるかもしれませんね。と、宇宙に暮らす地球のいとなみをお話ししてみました♪




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

最新記事 by ミモザ (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。