見えない花束、見える花束

ミモザの暮らす街も、プラス気温が続いてまいりましたっ!

て、どこに住んでいるんだ!という疑問はさておきまして、春ですね~。
新しい人生と、新しい環境へ身を投じる時期がやってきました。

というわけで、先日わたしの友人がこれまでの地から移転し、心機一転開院をしましてね。なんの開院かはぼやかしておきます 笑

そのときに、お花を急遽届けてもらうよう地元のお花やさんに発注したわけですよ。お花の選び方はざっくりと3つ。

3000円から、
4000円から、
5000円から、
7000円から、
10000円からという
お値段で選ぶパターン。

アレンジメントにするのか、
花束にするのかスタンドにするのか、
はたまた蘭の鉢にするのかという
形で選ぶパターン。

そして、
ホワイト系にするのか
ピンク系か、
イエロー&オレンジ系か
ミックス系か
レッド系かという
色で選ぶパターン。

ミモザが選んだのは、かなりお高めの予算でイエロー&オレンジ系。

いざお花が届くと、
お相手の方はとても喜んでくださり安心したのですが、贈る側としてはどんな仕上がりなのかがまったく見えてきませんよね。

どんな花材をどれだけ使ったの?アレンジメントはどんなふうに仕上がったの?

ここら辺が、まったく見えてこないわけですよ。
だって、配達する加盟店さんのセンス次第なんですもの。

幸い、ミモザはその贈り先の友人が写真を送ってくれたので、それらのすべてを知ることが出来たのですが、お花を贈るときのネックってここら辺ですよね!

 

それをラルブルが解消!選ぶスタイルからお贈りするお花が想像できちゃいます
その名も、「Style Gift」。

4つのスタイルから花束を選ぶだけで、オシャレな花束をお届けします!
こういう感じを待っていたの!というあなたに、ラルブルからの新しい提案です♡

とにかくオシャレすぎる花束、喜んでいただけること間違いなしです♡




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。