果実をつかったフラワーギフト

ラルブルブログをご覧の皆さん、こんにちは!ミモザです。

実はミモザは「育てる」ことが大好きでして。
熱帯魚はもちろん、犬3匹、植物たくさんです。去年までは猫もいました。
自分の子どもはそろそろ自立する年頃に突入ですので、少しずつ手が離れているところです 笑

それなのに、旦那だけは手がかかるいっぽう・・・これいかに 笑
さて、そんな「育てるのが好き」なわたしは、ただいまプルーンとアボカドを絶賛育成中!

どちらも美味しくいただいたあとです。
アボカドはつまようじで刺すことをしない方法で発根させて、現在60センチほどにニョキニョキ中。

プルーンは冷蔵庫で3ヶ月ほど擬似的に冬を経験させてから、現在20センチほどにジワリジワリ中。アボカドのほうが恐ろしい成長スピードなので、“せっかちに成長する過程を楽しみたい!”という方はアボカドをおすすめします 笑

このように、果実をタネから育ててやろうぜ!というわたしのような人は、世の中に結構いるはず。その育てた木に花がついたりしたら、どうします?
しかも実がなったりしたら!もう、大騒ぎです!
そのまま実るのを、じぃ~~~~~っと見ていくのもいいですが、お花と仲良くさせてみるのはいかがですか?

あなたは、果実を使ったフラワーアレンジメントをみたことはありませんか?
たとえばヒメ林檎や柑橘系、ぶどうやさくらんぼを使ったものなど、ミモザはよく見かけます。秋が深まると、かぼちゃも使われますしね♪

こういった花との融合って、見ていて世界観が広がるので楽しいですよね!

もしかしたら、そのうちInstagram<ラルブルのお花の定期便>でも融合した姿がみられるかも?!




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。