木蓮の香りによせられる

こんにちは、ラルブルブログ担当のミモザです!

春は木蓮の花が喜ぶ季節ですね。

山に自生している木蓮も一斉に花を開き始めるので、山へドライブにいくと真っ先に目に飛び込んできますよね!木蓮と桜の花が同時に咲くと、山肌はきれいなピンク色に染まるので気分があがります。

この木蓮、和風な佇まいですが実は中国の四川省・雲南省原産の花木です。
いつの時代から咲いているのかな~と、調べてみたところ、なんと!!

白亜紀の化石の中から見つかっていると!
ということは、恐竜たちとの競演があったわけで!

もしゃもしゃ食べられていたのかわかりませんが、そんな大昔からだなんてとにかくびっくり。

木蓮は香りがとてもいいので、アロマオイルとして花びらから抽出されています。
穏やかで女性らしい香りがするので、リラックスタイムだけじゃなく女性ホルモンを活性化させたいときにもいいのではないでしょうか♪

 

さすがに木蓮の切り花はないよな~・・・と考えていたわたしが甘かった!
普通にあるんですね!木蓮の切り花。

枝を上手に利用して、シンプルなアレンジメントをするといいみたいですよ。

切り花に出会えなくても、もしお庭に木蓮を植えていたら1本ちょっといただいてフラワーベースに挿してみるとよさそう♡

間違いなくお部屋の中は、いい芳香が漂うでしょうね。




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

最新記事 by ミモザ (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。
ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。
だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。
心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。