どろぼうの風呂敷はいい風呂敷だ

こんにちは!気温の上昇とともに、気分もじわりじわり体重もじわりじわりうなぎのぼりのミモザです!

あなたは、「どろぼうの風呂敷」と聞いて真っ先に何が浮かびますか?
緑色?そうですね~!唐草文様?そうですね~!

実はあの唐草文様は、古代エジプトから渡ってきた伝統の文様!
なんとシルクロード経由で日本に渡ってきた唐草文様は、吉祥文様のひとつなんです。

よ~くみるとわかるかと思いますが、四方八方に蔓がのびていますよね。これは“寿命がのびる”ということを象徴していて、さらには子孫繁栄も!というように認識されているのだそうですよ。

古くは古代ギリシャ神殿の遺跡にも見られている、この文様。アカイア式円柱などに草の文様が描かれてあり、これがどうやら唐草文様の原型。イスラムでは食器などにも描かれているのを、ミモザ自身見たことがあります。
あ、ネットでね♪
ほかには建築美術でもモスクの天井や壁面に描かれているらしいですね。

ちなみに、ミモザはアラベスク文様の指輪を持っています。
アラベスクとは、ヨーロッパなどで広く使われている言葉で、唐草文様のことを言います。終わりがなく延々と続く文様なので、婚約指輪や結婚指輪などにも用いられているデザインなんですって。

この唐草は、先ほどちらっと書きましたが“蔓”です。
フラワーアレンジメントなどによく使われる、蔓性のグリーンといえば以前「お花の定期便」でみなさんの元にお届けした、利休草。
赤い実をつけるサンキライ(サルトリイバラ)も、良く使われていますね。

縁起物のフラワーギフトをするのなら、蔓性のグリーンも入れてください♪
とお願いするといいかもしれませんね。




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。