クリスマスツリー

季節感ッつうものがあんたニャーないのですか?といわれてしまいそうな「こくう」です。

あと半年も経てばクリスマス。
オイオイ何言ってんだ!そんなお咎めの声も「聴こえず」、ありがとうございます。

今からクリスマスが楽しみだ!なんて人はこの指と~まれ、
おや?けっこう居るもんですね。

クリスマスツリーと言えばモミの木です。やっぱりモミの木だって!

コレ実は日本人だけなんです。

クリスマスツリーの本場ヨーロッパではクリスマスツリーはモミの木ではありません、
ドイツトウヒです。

ドイツトウヒ(Picea abies)  モミの木(Abies firma)
このようにabiesという文字が同じだったので賢い人がはやとちりをしたようです。

そもそもヨーロッパでのクリスマスツリーとは、樹木信仰が背景にあり、妖精が宿る常緑の樹木に人が飾り立てをしたことが起源だといわれています。

去年のクリスマスに遠く離れて暮らす私の娘が言ったそうです、
「クリスマスツリーは大きな花束みたいだね。」って
確かにそう見えないこともない。そうかもね。

1年中で最も「花束」が売れるのはきっと12月24日でしょうか?
もしそうなら、納得できる現象です。
だって世界中いたるところで「巨大な花束」がそれこそ無数に輝いているんですからね。

今年のクリスマスのサプライズを考え始めようっと。
たっぷり時間がありますから。

ではまた。




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

こくう

花に寄せ、縁の糸を辿ったらみたら、こちらに繋がり嬉しいかぎり。 我、詩人やってるつもりで書いてもその実態、 関西人&オヤジのダブルアクションだから、しょうがない。 ワルノリしたらは止められないことも多々あれど、 今日も空見て物思い。吟遊詩人に成れるはいつの日か、 直中修行の毎日でっす。どうかよろしゅうにぃ~。  草々

最新記事 by こくう (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

花に寄せ、縁の糸を辿ったらみたら、こちらに繋がり嬉しいかぎり。 我、詩人やってるつもりで書いてもその実態、 関西人&オヤジのダブルアクションだから、しょうがない。 ワルノリしたらは止められないことも多々あれど、 今日も空見て物思い。吟遊詩人に成れるはいつの日か、 直中修行の毎日でっす。どうかよろしゅうにぃ~。  草々