6月の誕生花はフローライトに似てる

こんにちは♪お風呂上りのミモザです。
お風呂だから、というわけではないのですが、あなたは「フローライト」という石を知っていますか?
日本名を「蛍石(ほたるいし)」といい、ハロゲン化鉱物の1種です。
なぜ蛍石というのかというと、火にあてるとパチパチといいながら蛍のように光るからなんですよ♪

実はミモザはパワーストーンが大好き。
フローライトという石もいくつか持っています。
そしてこのフローライトは、いくつもの色をもつ石なのです♪
なぜ1種類の石がそんなにも色があるのかというと、内部の不純物の度合いによって無色透明のほかに、黄色、青色、灰色、緑色、紫色、褐色などに分かれるのです。
この色のグラデーションがとっても美しい!
宝石としてもかなり人気が出てもおかしくないほどですが、実は硬度が低い・・・。
要するに欠けたり割れたりしやすいんです。
だから、宝石に加工するには向いていない石なのです。残念~!

それでね、何を言いたいのかというと、このフローライトというパワーストーンの色合いが、あじさいにとっても似通ったものがあるんです!
同じ鉱物なのに、不純物によって色が異なるという点が、あじさいの植わっている土の性質によって花の色が異なるという点に・・・です。
育った環境によって、見た目が異なるということなんでしょうかね。
なんだかわたしたち人間にも言えそうな気がしてきませんか?
血液型占いや、星座占い、姓名判断などこの世の中にはいろいろな判断ツールがありますよね。
けれど、生まれ育った環境の影響って計り知れないものだと思うのです。
両親はもちろん、友人や同僚など。
人間を形成していくものは、そういうことなんだろうな~と思います。

あっ、なんだか奥が深そうなこと言っちゃいました!
ざっくりいっちゃえば、あじさいとフローライトって色あいが似てるね~!
というお話しでした 笑




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。