南フランスを感じたい

こんばんは、ホリです。

関西もついに梅雨入りましたね~
とはいえ、雨の日が少ないような…?
洗濯物が乾くのは嬉しいけど、日本独特の季節感が感じられないのはほんのちょっぴり寂しいですね。

さて、梅雨が明ければ本格的に夏となりますが、この時期から夏休みの計画を立てている方も多いのではないでしょうか?
書店でも旅行雑誌が並びますが、必ずと言っていいほど紹介される「ひまわり畑」。
夏の風物詩ともいえる【ひまわり】ですが、このお花を<ユートピア>の象徴と捉えていたのがかの有名なゴッホです。

**************
ゴッホは生前あまり評価されなかった画家ですが、ゴッホ=自画像、もしくはひまわりのイメージが強いですよね。
彼の制作した「花瓶に挿されたひまわり」をモチーフとする絵画は、なんと7点もあったのだそう!(6点が現存)
花の本数は異なるものの構図が酷似しており、これは南フランスのアルルで拠点としていた「黄色い家(外壁が黄色に塗られた2階建ての建物)」の部屋を飾るためであったから、という説があるようです。

そんな縁の深いひまわりとゴッホ。
ひまわりの品種には彼の名をとった≪ゴッホ≫という品種もあるんですよ~✧˖°
絵に描かれているような、ちょっとくしゃっとした感じの花びらが特徴です。

ひまわりって、ちょっと遠出して炎天下の中で鑑賞するものだと思いがちですが、実際は切り花として花屋にもたくさん出回っています。
「遠くに出かける時間がないけど夏を感じたい」というあなたや「アートに触れたい」というあなた。
彼が暮らした南フランスに想いを馳せながら、花瓶に生けられたひまわりで夏を感じるのも素敵かも♪

それでは今日はこの辺で!
ちょっぴりお久しぶりでしたホリがお送りしました~




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けしたい✧˖°

最新記事 by ホリ (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けしたい✧˖°