夏に身に着けたいお花 vol.2

夏のオシャレといえば、浴衣!
と、いうことで…

本日も前回に引き続き、浴衣に描かれた素敵なお花たちをご紹介いたします♡

**************
≪牡丹≫
牡丹の花言葉は「高貴」や「壮麗」。
美しい女性の象徴として昔からたとえられていますが、アジア地域ではその風格から「花の王様」として親しまれています。
ちなみに、お花の定期便~6月5日「芒種」~でおすすめしている【芍薬】と見た目がそっくりですが、見分けるポイントは茎や枝の数。
芍薬の茎が細く枝が1本であるのに対し、牡丹は茎が太く枝も複数に分かれています!

≪バラ≫
牡丹、と言えばバラと続けたくなります。笑(←某昼ドラの影響)
柄としては古くからあるわけではありませんが、西洋で愛と美の象徴とされており日本でもやっぱり人気。バラについては過去に何度かお話しているのでここでは省略します~

≪ユリ≫
種類豊富でゴージャスなイメージのあるユリ。
白い大きなお花は涼しげで暑い夏にもばっちり映えます✧˖°
椿と同様、色によって花言葉が異なるのでイメージで選んでも楽しいですね!
白⇒「純粋」
ピンク⇒「虚栄」
赤⇒「願望」
黄色⇒「陽気」
オレンジ⇒「華麗」

≪桔梗≫
あの明智光秀や加藤清正といった武将も家紋として使っていたというお上品なお花!
「誠実」「清楚」といった花言葉は日本人女性の奥ゆかしさを感じて素敵ですね。
また、風水では仕事運をアップするお花とされているそうなので、仕事も頑張りたいあなたはぜひ身に着けて!

≪アジサイ≫
この季節にはかかせませんよね~だって可愛いですもんね~♡
5~6月に着るべき、という意見もあるようですが、着物と違って浴衣はカジュアルなのであまり気にしなくてもいいようです。
みんな大好きなアジサイ、どうやって活けたらいいの?というあなたは定期便のアレンジを参考にしてみてください♡
涼しげな雰囲気で、暑い夏を乗り切りましょう~!

それでは今日はこの辺で!
ちょっと夏バテ気味(涙)なホリがお送りいたしました~

The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

最新記事 by ホリ (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°