王道と古いは紙一重

お花屋さんでお花を包んでもらったことがある方へ質問です!

包んでもらったあと、「あ~これは好みが違ったな…」なんてがっかりした経験はありませんか?

先日友人と話していて話題に出てきたのが、花束にしてもらうときにどう伝えるか?という問題。
彼女は、こうお願いするそうです。

「ガーベラは使わないでください」、と。



過去、送別シーズンに贈りたいお花で【ガーベラ】をおすすめしたわたくしホリ。
で す が
友人曰く、【ガーベラ】を使うとダサく仕上がるから嫌なのだそう。

確かに、ガーベラを使った花束は好みが分かれやすいのでちょっと危険です。
なぜならこのお花、子供が絵に書いたような花の形、原色にほど近い鮮やかなカラーバリエーションと、親しみやすさ満点なんですよね。
そしてその親しみやすさが仇となり、「ダサい」に変換される場合もあるんです…!
まさに王道ゆえの苦しみ。
アレンジの脇役としてよく使用される【カスミソウ】と一緒に束にされたら、もう…

「面白くない!」

の一言です。
ただこれは好みの問題なので、この【ガーベラ】×【カスミソウ】の組合せが好きな方もいると思いますし、すべてが面白くないわけではありません。それはガーベラの品種の選び方だったり、長さのバランスだったり、使う色だったり…そこにお花屋さんのセンスが表れるかな~と思います。

じゃあ、花束は一体どうやってお花屋さんにお願いしたらいいんでしょう?
有名なお花を指定することならできそうですけど、「夏っぽく」とお願いして青系にして欲しかったのが黄色系になってしまうかもしれないし、それなら「青系で」とお願いしても、小ぶりのお花ばっかりで貧相な仕上がりになってしまったら意味がないですよね。


もっと注文しやすい、わかりやすい花束を作ってよ~~~~~!

そんな声に応えてくれるのがラルブルの【スタイルギフト】です✧˖°
花合わせにこだわるオーナーが≪Boho≫≪Shabby Chic≫≪Vintage≫≪Marine≫の厳選した4つのスタイルを提案。
イメージはぜひサイトの写真を見ていただきたいのですが、どうですか?

【カスミソウ】、ないでしょう?!笑

これを入れとけばまぁ、無難かな…という花合わせがないので、こだわり派のあなたはぜひチェックしてみてください♪

それでは今日はこの辺で!
わたしなら≪Shabby Chic≫を選ぶな~♡と思う、ホリがお送りいたしました。




誕生日のフラワーギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けしたい✧˖°

最新記事 by ホリ (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けしたい✧˖°