バナナな家族。

茶色くなったバナナは、今が食べ時っ!!
あなたはバナナが茶色くなっちゃった~といって、食べ渋ったことはありませんか?
いえいえ、それはシュガースポットといって、超~栄養価が高い美味しいシルシ!
こんにちは、ラルブルのブログを今日もしたためるミモザです。

なぜバナナなのか。
それはハワイに暮らす友人が、バナナの花だのバナナの実が膨らんできただの春に逐一報告してきたからです 笑
このあいだは、庭のカカオの花が咲いたと報告がありました。
ただ、カカオは花が咲いても結実するのはなかなか難しいようです。
ハワイは南国ですから、野菜も果物も実りはとっても早いし大きくなりますね!
当然ですが、虫も大きいですね・・・。

さて、先日わたしの友人の子どもが10歳の誕生日を迎えました!

お母さんへの感謝の気持ちを、なんと誕生日の朝に作文というかたちで贈った10歳の子ども。
お腹のなかで育ててから、この世に生み出し、そして試行錯誤の子育てから10年なわけです。
人間ひとりを10年育てるのは、本当に大変です。
そこには愛情というベースがしっかりとあるからですよね。
ときに涙してときに喜んだ子育て。そんな経験をさせてくれたわが子から、10年越しのI♡YOU。

朝からそんなふうに言ってもらえるとは思ってもみなかったんですって。

そりゃそうだ。

学校から帰宅した子どもにこう言ったそうです。

「お誕生日、何か欲しいものある?一緒に買いにいこう!」

すると、こう言ったそうです。

「バナナがほしい!」

わたしの友人は「は?バナナ??なんで?笑」と思わず笑っちゃったそうで~。
そりゃそうです。ゲームとか言われると思ったようで。

そのとき、この子こう言ってわたしの友人を泣かせました。

「だってね、お母さんが作ってくれるバナナシェイクが僕は一番すきだからさ!」

 

 

バナナは1本1本が花でした。
小さめの花をいくつも咲かせて、大きなひと房のバナナになります。
家族みたいですね。

あなたのまわりにも10歳の誕生日を迎えるお子さんはいませんか?
お母さんにありがとう!の気持ちを、心温まる言葉と一緒にお花を贈ってみよう!と提案してみませんか♡

そんなステキな一瞬に・・・ラルブル ’OHANAギフト がおすすめ。




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。