夏の夕暮れ、秋の訪れ

こんにちは!
心と体がまだお盆休みに浸かったままのホリです。

昨日から来週にかけてお仕事スタート!という方も多いのではないでしょうか?
リフレッシュした方もそうでない方も、月日の流れは無情にも同じ…
気づけばもう8月の中旬ですね~

わたしはこのお休み中に、友人が働く温泉で有名な観光地へ足を運んでいたのですが、川はきれいだし緑は青々としていてとても清々しいところでした。夕暮れ時にはひぐらしの鳴き声も聞こえてきて、なんだか懐かしい気持ちになりました~
(都会住まいの方々に「ひぐらし」が伝わらなかったらどうしよう…笑)

俳句では秋の季語とされているこの「ひぐらし」ですが、秋の訪れを感じさせるお花といえば【リンドウ】
もともとは野草のお花で、日本では秋の山野草として古くから親しまれています。
お花屋さんには7~9月に出回ることが多く、お盆やお彼岸に供えるお花、というイメージもありますよね。
でも今は品種改良が進んだのでアレンジもしやすくなり、色も定番の青紫色だけでなく水色やピンクまであります♪

花言葉には「誠実」、そしてなんだかとっても印象的な「悲しんでいるあなたが好き」という言葉があります。

「誠実」というのは、晴れのときだけ花を上に向いて咲かせることから。
あ!なので、花に直接水をかけてしまうとお花が閉じてしまうのでご注意ください。

「悲しんでいるあなたが好き」というのは、悲しみを思わせる青紫色の花を、群生せずに1本ずつ咲かせる姿からつけられたのだそう。

涼やかな気持ちにさせてくれる青紫色のきれいなお花ですが、同時に物悲しさを感じる姿は、まさに夏の夕暮れ時を連想させます。
長い長い夏休みがもうすぐ終わってしまう、なんとなく寂しい気持ちになってしまう夏の暮れ。
まだまだ暑い日が続きますが、暦上ではそろそろ秋の気配を漂わせるころ。

お家に飾るお花も少しずつ、秋仕様に変えていきたいですね✧˖°

それでは今日はこの辺で!
ここまで書いておきながら、こういうテイストはわたしなんかより「こくう」さんの方が得意に違いない…と思うホリでした。笑

The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°