フィボナッチ数列

うちのだんなさまのお見舞いに、「太陽をプレゼントします。これを見て元気になってください」というメッセージと共に届いたひまわりメインのフラワーアレンジメント。

本当に太陽のように大きくて、黄色が元気をくれました。そして彼女のそういう細かい思いやりにも癒されました。お花を贈るってもちろんその人のことや今の状況を考えているからこそよく選んで、相手を思って贈ることなので本当に嬉しくいただきました。

ひまわりの花言葉の一つに「私はあなただけを見つめる」があるそうです。なるほど、ひまわりって大きな顔で一生懸命太陽を見つめて育ちますし、それが贈り物としてうちに届いた場合、確かに私たちをじっと見つめてくれていました。

と、じっと見ていたらひまわりの種の並びに注目し、そういえばすごく計算された並びになっている、ということを聞いたのでちょっとググってみましたら、これは「フィボナッチ数列」と言うものだそうです。それは、1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610…と数字が永遠に並ぶようですが、特徴としては、最初の数字と2番目の数字を足すと3番目になるということです。1+1=2, 3+5=8といった具合に続いていきます。ひまわりだけでなく自然界の別のところにもこのフィボナッチ数列は出てくるそうです。なるぅ~。今年の秋は、秋の紅葉を見に行く時この「フィボナッチ数列」探しに行くのはいかがですか?

The following two tabs change content below.

Reggiana

ラルブルのブログ担当です。おいしいものを食べることと、きれいな物を見るのが大好き!イタリアに住んで11年目ですが、まだまだ知らないことを日々発見。日本とイタリアの違いを楽しみつつ、みなさまにおすそ分けをしたいと思っています~。

最新記事 by Reggiana (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルのブログ担当です。おいしいものを食べることと、きれいな物を見るのが大好き!イタリアに住んで11年目ですが、まだまだ知らないことを日々発見。日本とイタリアの違いを楽しみつつ、みなさまにおすそ分けをしたいと思っています~。