【歌とお花】移り行く日々を思うワレモコウ

朝晩涼しくなってきて、過ごしやすい季節になってきましたね。
今日もブログからこんにちは!秋が一番好きな季節のホリです。

昼間にはセミが「ラストスパート…!」と言わんばかりに鳴いている毎日ですが、夜にはなんと、もうスズムシの鳴き声が聞こえてきました。田舎に住んでいて良かったと思うのは、こういう虫の声とか雲の広がり方、植物の匂いで季節を感じられるところですね。

さて、そんな秋の色がだんだん濃くなっている毎日ですが、秋の野を代表するお花はご存知ですか?
春の野では【スミレ】をご紹介しましたが、本日は【ワレモコウ】というお花の歌をご紹介いたします~

**************
昔から和歌に詠まれることが多い【ワレモコウ】
不思議な名前なので、一度聴いたら耳に残るお花ですよね。過去にミモザさんもご紹介してくださってました♪
この名前、ある説では詩が関係しているそう。その詩というのがコチラ!

我もまた 紅(くれない)なりと ひそやかに
/高浜虚子

黒っぽい赤や茶色で、とてもバラ科とは思えないたたずまい。「そんな私だけど、紅い花なんですよ」とひかえめに主張する姿がいじらしいなぁ、といった意味です。
そう、茎の先に咲いているのは一見すると実のように見えますが、小さな花が集まった花穂なんです!
漢字で書くと【吾亦紅】と表されることが多いのですが、茎や葉に香りがあることから【吾木香】と表されることもあります。

園芸用ではもちろん、切り花としても秋を演出するお花として重宝しています。
【ススキ】や【リンドウ】と一緒に束ねて和風なアレンジにしても素敵ですし、秋の王道【コスモス】なんかとあわせて洋風にしてもモダンな雰囲気に♪

花が上から下へ順に咲いていく様から、「変化」「移り行く日々」といった花言葉を持っています。また「愛慕」「憧れ」といった前向きな花言葉を持っているのでプレゼントにも最適ですよ~°˖✧
シックな雰囲気が好きなあの人へ、ぜひお届けしてください♡

それでは今日はこの辺で!
ホリがお送りいたしました~




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°