隣の芝は青く見える

イタリアをちょっと抜けてスイスやオーストリアへ行くと途端に家の屋根の形が変わり、家の素材が木になり、外国に入ったなーという感じがします。そしてそれらの家の特徴の一つに、窓辺やバルコニーにたくさんの赤やピンク紫色の花を植えたプランターが並んでます。そしてそれがどのおうちもそのような感じなので、すごく統一感があります。

ヨーロッパは大体がそうだと思いますがうちの町も建物を建てる時、外壁の色は役所によって指定された色以外は使えません。また電線は全て地下に潜っています。それで、町全体がすっきりし統一感があり、それがヨーロッパ感を出しているのだと思います。スイスやオーストリアに行くと、濃い茶色の木製の家に三角屋根、そして窓辺に同じ色の花がどの家にも置いてあるので、町全体というよりも国全体の統一感があります。

と、いうことで長い前書きになってしまいましたが、自宅のバルコニーや庭などもあれこれと色々な種類や色を植えるのも素敵なのですが、なにかテーマを決めて、例えば種類は違っても全部同じ色で統一させる、というのも素敵なのではないかなーと思いました。
私は先回の記事で書いたパンジーと、カルーナが育てやすくよく広がるということを聞いたのでそれに挑戦しますよ~~。見ててください!!




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

Reggiana

ラルブルのブログ担当です。おいしいものを食べることと、きれいな物を見るのが大好き!イタリアに住んで11年目ですが、まだまだ知らないことを日々発見。日本とイタリアの違いを楽しみつつ、みなさまにおすそ分けをしたいと思っています~。

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルのブログ担当です。おいしいものを食べることと、きれいな物を見るのが大好き!イタリアに住んで11年目ですが、まだまだ知らないことを日々発見。日本とイタリアの違いを楽しみつつ、みなさまにおすそ分けをしたいと思っています~。