「花の広場」

こんにちは、Reggianaです。今年も残すところあと2か月と少しになってしまいました。1年はあっという間ですね。そして来年の予定もまたぼちぼちと埋まりつつあります。あなたは来年どこへ行きたいですか?私はこの間、トルコにいる友人を訪ねて行ってきましたが、自分たちの国の通貨より相対的な価値が安いところは気持ちがおおらかになり、(羽振りが良くなる、とも言う)なかなかいいなぁ、と味をしめたので、行きたいと思いつつすでに数年経ってしまったイタリアのお隣、クロアチアに是非とも来年こそは!と思っているところです。

クロアチアではどんなお花があるのかなーと思って調べていたらザグレブに、ペタル・プレラドヴィッチ広場という広場があるそうですが、別名「花の広場」と呼ばれているそうです。この広場のもともとの名前の由来は18世紀に存在したペタル・プレラドヴィッチという名の将軍でもありクロアチアと愛をテーマにした詩人だそうです。そしてこの広場にはペタル・プレラドヴィッチ将軍の銅像もあるそうですが、それよりもこの広場にはたくさんの花屋のスタンドがあったので本来の名前よりも「花の広場」という名前で人々に親しまれているそうです。彼にしてみたら銅像もあり、詩も残したのになんというか、残念な気持ちでしょうね。。。

クロアチアではどんなフラワーアレンジメントを作ってくれるのかなーと思いを馳せつつ計画を立てたいと思います。

The following two tabs change content below.

Reggiana

ラルブルのブログ担当です。おいしいものを食べることと、きれいな物を見るのが大好き!イタリアに住んで11年目ですが、まだまだ知らないことを日々発見。日本とイタリアの違いを楽しみつつ、みなさまにおすそ分けをしたいと思っています~。

最新記事 by Reggiana (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルのブログ担当です。おいしいものを食べることと、きれいな物を見るのが大好き!イタリアに住んで11年目ですが、まだまだ知らないことを日々発見。日本とイタリアの違いを楽しみつつ、みなさまにおすそ分けをしたいと思っています~。