コスメと仲がいいだけじゃない!カミツレの魅力

お買い物に出ると、ファッション業界はすっかり秋モードですね!
今年はファーを使った小物やアウターなどが、かなりの勢いで好調らしいですね。
先日娘とお買い物に出た際に、毛足の短いファーのバッグを鏡の前で肩に掛けてみたら、なんだか想像とかなり違った自分の姿が・・・。

ミモザ「なんか、太って見える?」
娘「うん、太って見える」
ミモザ「・・・。」

着用してるわけじゃないのに、バッグなのに!バッグなのにぃぃぃ!
と、自分の体型を呪った一瞬でした。

さぁ、それはさておき!コスメで使われているお花について、語ることにしましょう。
あなたがお使いの基礎化粧品などの成分表示に、「カミツレエキス」という文字をみたことはありませんか?シャンプーなどのヘアケア商品にも使われていますし、喉スプレーにも使われていますね。

カミツレエキスはキク科の可愛らしい植物である、カミツレの花から取れるエキスです。
別名、カモミラエキスともいいますよ。花の部分には精油のカマズレン、アズレン、ピザボロール、フラボノイドなどの成分が含まれているのだとか。
と、すっとぼけていますがミモザは植物性のものがすきなので、喉スプレーは必ずアズレンのものを愛用しています♪
ほんのりと甘くて、喉への刺激も少ないうえに、かなり効果があるので年中常備しています!

さらにカミツレは、保湿性、抗炎性、養毛、しゅうれん、殺菌、血行促進、充血除去、かゆみ止めなどの効果があります。こうした優れた効果は、多くの化粧品成分として使われているんですね。たとえば、ニキビを予防するタイプの基礎化粧品などに、消炎効果を発揮すべく利用されています。

また、メラニン色素の生成を抑えてくれるので、わたしたち女性の天敵である紫外線のケアも担ってくれますよ。

嬉しいどころの騒ぎじゃありませんね~!笑
ちなみに、カミツレとはカモミールの和名で同一なんですよ。




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。
ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。
だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。
心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。