2本のバラ

仕事を終え、洗濯物を取り込み、夕飯の準備をする。
何も変わらない、いつも通りの日々。
ひとつ違うことがあるとすればそれは、今日がわたしの誕生日である、ということだ。




「何でもない日にお花とかくれる男の人って、本当に存在するんですかね?」

職場の後輩が視線はパソコンに向けたまま、急にそんなことを言った。
彼女には長く付き合っている彼氏がいるが、一度も花を買ってくれたことはないらしい。

「別にね、お花じゃなくてもいいんですよ。何でもない日に、美味しそうなケーキがあったから買ってきたよ!みたいな。そういうサプライズが欲しいって思いません?」

彼女が言いたいことは痛いほどわかる。
結婚して3年経ったが、夫がわたしにサプライズで何かをしてくれたことは一度もない。
食べることが好きなわたしは、帰り道に美味しいケーキを見かけたら買って帰ることがある。何でもない日でも。彼とわたしの分。「美味しいね」って思いを共有したくて。

 

「ただいまー」

夫の帰りを知らせるドアノブの音で、ぼんやりしていた意識が戻る。
ずっしりと重みを増したお腹をかかえながら、わたしは玄関へと向かった。
あと数ヶ月後にわたしたちは、3人家族になる。

 

「これ、誕生日だから買ってきた。2本」

そう言ってぶっきらぼうに差し出されたのは、

「…バラ?」

わたしの独り言のような質問に彼は答えることなく、「着替えてくる」とだけ言ってそそくさと寝室へと消えていった。

突然のことに思考が一時停止し、そして急速に昼間の会話がフラッシュバックする。

 

なんで?
後輩に何か言われて?

…いや、後輩のことを彼は知らない。
今日の会話だって聞いていたはずがないのだ。

もう一度バラに目をやる。
まだ完全に開いていない、真っ赤なバラが手元でゆれている。

そういえば、夫はなぜか2本、とわざわざ付け足していた。
テーブルに置きっぱなしだった携帯を取り、はやる思いで「バラ 2本 意味」と打ち込む。

 

【この世界は2人だけ】

夫なりに、これからの生活のことを考えているのかもしれない。
夫とわたし、2人だけの生活は残りわずかだ。

意味はきっと、お花屋さんに教えてもらったのだろう。
だって、何から何まで彼らしくない。
いつもならすぐに着替え終えて夕飯をせがむのに、今日はずいぶんと時間がかかっている。

 

「何でもない日にお花とかくれる男の人って、本当に存在するんですかね?」

後輩のあの言葉が再び頭をよぎる。

―――何でもない日ではないけれど、お花をくれる人は存在したよ。

明日、後輩に教えてあげよう。
それまでに、このにやけた顔をどうにかしなくては。

 

今日はわたしの誕生日。
何も変わらない、いつも通りの日々。
ひとつ違うことがあるとすればそれは、テーブルに2本のバラが飾られていることと、夫の大好物の唐揚げがメニューに追加されている、ということだ。

**************

※半分ホントの、嘘のようなお話でした。




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

最新記事 by ホリ (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°