写真の花と本物の花

先日、友達がイタリアに遊びに来てくれました。来る前に「何か持って行くものがあったら言ってね」と言ってくれていたので、毎年、机の上の壁にかけているお花の写真のカレンダーの2018年版をお願いしました。前の記事の中でもちらりと書いたと思いますが、おしゃれな生花をいつもテーブルの上に飾っておくのはお花の管理もお財布もなかなか大変なので私はいつもカレンダーをお花のものにして、生花が足りない時はカレンダーで癒されています。しかしいつも思うのは、こういったおしゃれで素敵なお花を取り扱った写真の花や花束を写真用にアレンジメントしたり、またそれを美しく撮るのはすごい技術だなーって思います。本物には勝てないけどでも写真でも十分、感動するんですものね。

そしてこの間の記事でも少し書きましたが、友人からサボテンと多肉植物と2鉢もらい、更にやっとカルーナも買ってきて少しずつバルコニーが充実しつつありますが、あともう一鉢植えられるスペースがあるのでもう一色カルーナを買ってこようかそれとも違う種類の花にしようかとあれこれ楽しい思案中です。友達と一緒に花を買いに行く約束をしているのでそこで一目ぼれした花を買おうと思います。




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

Reggiana

ラルブルのブログ担当です。おいしいものを食べることと、きれいな物を見るのが大好き!イタリアに住んで11年目ですが、まだまだ知らないことを日々発見。日本とイタリアの違いを楽しみつつ、みなさまにおすそ分けをしたいと思っています~。

最新記事 by Reggiana (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルのブログ担当です。おいしいものを食べることと、きれいな物を見るのが大好き!イタリアに住んで11年目ですが、まだまだ知らないことを日々発見。日本とイタリアの違いを楽しみつつ、みなさまにおすそ分けをしたいと思っています~。