アプローチもおまかせ?男女別星座《11月の占い》双子座~蟹座

なんだかお天気がジェットコースターのようで、冬に向かって季節が流れているのを実感しますね。
あなたは風邪など引いていませんか?こんな寒暖差のあるときは、体調を崩しやすいので“首”と“手首”、“足首”を温かくしてお過ごしくださいね。

さぁ、今回は男女別に書いてみました。
フラワーギフトをプレゼントするときの参考にするのも、いいかもしれませんね。

 

【双子座 ♊Gemini】
双子座の男性は、異性を特に強く意識することもなく対応するスキルに優れています。
こうした対応が多くの女性の心を鷲づかみにするためか、やたらとモテる傾向にあるのではないでしょうか。本人としては無意識なのですが、これが「ナンパ」「軽い」と言われてしまうことにも繋がっていて、腑に落ちないところでもあります。
そんな双子座男性を射止めるには、表面に左右されずに彼を信じることです。そしてその姿勢を伝えるといいですよ♪

双子座の女性も男性と同じように、異性に対する対応が上手です。
何でも受け入れるわけでもなく、かといってすべてを拒否するでもありません。ですので、八方美人というように受け取られがちなのがちょっぴり寂しいところかもしれませんね。
そんな双子座女性を射止めるには、しっかりと相手を見つめて信頼関係を結ぶことです。
もしお花をプレゼントするのなら、豪華で華やかな花よりも可憐で可愛らしいお花のほうが喜ぶでしょう。

 

【蟹座 ♋Cancer】
リーダーシップをとるタイプの男性が多いかに座の男性。
誰かの指示に従って行動をするよりも、自分が指揮棒をふって周囲を動かすことを好むようです。
かに座の男性を射止めるためには、愛情を出し惜しみせずにアプローチすることがポイントですよ。

かに座の女性は、自分に正直なところがありますが自分勝手というのとはちょっと違います。
そのため自分のことを理解してくれる人に興味を抱く傾向にありますので、かに座の女性にアプローチを考えている男性は、「好き」という感情を隠さないほうがいいでしょう。もしもお花をプレゼントしようと考えているなら、カラーなどの花を使ったアレンジメントがよさそうです。

 

他の星座さんもあるので、チェックしてみてね




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。