男から贈る「花ギフト+&」sono3

前回(男から贈る「花ギフト+&」sono2)では、「意外性」についてでした。
今回のテーマは「相手の期待を知ろう」です。

引き続きこの講座におつきあいくださり感謝。(いつから講座になったん?(((笑)
今回もあなたの念願成就のために、シャイな男の味方「こくう」が、
「花+&の贈りもの」について研究していきます、では早速始めましょう。

貴方は料理を作りますか?
いきなりなんやねんこの質問は、と言わずにお答ください。
そうですか、カレーとお好み焼きならチョット得意ですか。(わしと一緒や!(((笑)
やっぱり貴方は男らしい関西人だ。

自分なりに手間かけて(ちょっと凝って)作った料理を出した時、
「おいしい!」この一言はやっぱり一番に嬉しいもんです。だれでもそうやね~。

USJなんぞに連れていったとしたら、どんな言葉もらったら嬉しいでしょう。
「ありがとう」はもちOKですが、「超楽しかった!また来たい!」と言われた方が、こちらも「おう、また頑張って連れて来たるよー」と目一杯嬉しくなりますよね。

今回のテーマは「相手の期待を知ろう」です。
期待とは「言ってもらいたい(嬉しい)言葉や表現」のことです。

相手が何を喜ぶのか見定めるのに、簡単な方法があります。
それは「真似る」です。
つまり「その人のよく使っている表現法や言葉をすっくり真似る」ということ。
たとえれば、感謝の気持ちを表すのに「○○さんのおかげで助かりました」と表現する人は、「あなたのおかげです」という言葉がその人にとって一番嬉しい言葉ということになります。
感謝の気持ちを「○○さんと一緒に仕事が出来てよかったです」と表現する人には「一緒に仕事ができてよかった」と伝えればきっと喜んでくれるし、御礼だと言って食事に誘ってくれる相手にはごちそうをすればいいということです。

つまりよく使う言葉や表現方法にはその人の「価値観」が現れているんですね。
それを観察し、取り入れて真似したりすることで、急速に「相手の期待を知る」ことが出来るようになってくるでしょう。

じゃ今回はこのへんで、続きは「花ギフト+&」sono4で、また一緒に考えます。
男の立場から花ギフト考える「こくう」でした。

保存保存

保存保存




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

こくう

花に寄せ、縁の糸を辿ったらみたら、こちらに繋がり嬉しいかぎり。 我、詩人やってるつもりで書いてもその実態、 関西人&オヤジのダブルアクションだから、しょうがない。 ワルノリしたらは止められないことも多々あれど、 今日も空見て物思い。吟遊詩人に成れるはいつの日か、 直中修行の毎日でっす。どうかよろしゅうにぃ~。  草々

最新記事 by こくう (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

花に寄せ、縁の糸を辿ったらみたら、こちらに繋がり嬉しいかぎり。
我、詩人やってるつもりで書いてもその実態、
関西人&オヤジのダブルアクションだから、しょうがない。
ワルノリしたらは止められないことも多々あれど、
今日も空見て物思い。吟遊詩人に成れるはいつの日か、
直中修行の毎日でっす。どうかよろしゅうにぃ~。  草々