ことほぐ言葉を花に添えよう

前回(男から贈る「花ギフト+&」sono4)は、「タイムリーな状況とは」でした。
今回はその続編「花に添える言葉」についてもう少し追加のお話です。sono5はこれだー。

「ことほぐ」って知ってますか?

「お祝いをすること…?」ンンン惜しいけどもう一声、もうちょっといいとこまで行ってますよ。  「こくう」です。

「寿ぐ」もしくは「言祝ぐ」と書き、お祝いをのべる、喜びを言う、という意味です。

ことほぐ”は<言葉を告げて祝う>こと。ひとりこっそり静かに祝うのは、ことほぐではありません。ただ、普通に祝う言葉は「おめでとうございます」とか「よかったぁねぇ」と言葉を発するものだから「ことほぐ」と「祝うこと」が同じと思われているのかも知れないか…。

小さなものでも、花束にはすごいパワーがあります。とはいえ、
花だけ、またはモノだけを送っただけでは気持ちは伝わりません。

豪華でおしゃれな花をプレゼントしたとしても、なんのメッセージも添えずに届けたのでは相手の心が動くなんてありえません。

ほな、どんなメッセージ添えたらええねん? そこよ、そこですよね。
ほな、質問です。「あなたはどんなメッセージをもらったら嬉しいですか?」

人は誰も、自分を特別扱いされたい、大切にしてもらいたいもので。
自分だけのためになにかをしてくれる、つまりおもてなしに、弱い。
花にメッセージを添えることはまさに「ことほぐおもてなし」に当たります。

おもってることは言葉にしないと相手には伝わらず、わかってもらえない。みんな知っています。じゃ、こんな場合はどうでしょう?レストランでの美味い料理に「美味しかったです」バスを降りるときは「ありがとう」
あなたは日頃、人に思いを伝えていますか?
え、お客の自分がひと声かける必要があるん?
相手を思いやる気持ちはあっても、照れくさいねん という方もいらっしゃるでしょうが、

「文字なら言えます。」
おもいきって、正直な思いを相手に伝えましょう。

今日のテーマは「ことほぐ」です。
「ことほぐ」には喜びばかりではなく、慰めもあり、いたわりもあります。

読んだ相手が思わず笑顔になる「ひとこと文字」を集めてみました。(パクリ許可(笑))

・顔晴る(頑張るじゃぁないんです)
・感謝と尊敬をこめて
・心豊かにお過ごしください
・あなたのファンの○○より
・私(オレ)をあてにする
・明日もいい日になります
・チャンスの女神が微笑みますように
・息抜きと仲良しになろう
・実り多い1年になりますように
・あなたの笑顔は大好きです

では最後に、あなたにひとこと「いいことがたくさんありますように」

ここまで読んでいただき感謝します。
おつかれさまです。すっかりお馴染みになった、男から贈る「花ギフト+&」シリーズ。
これからもシャイな男の相棒「こくう」が、花プレゼントに悩める男性陣の背中を押させてもらいます。

つづきはシーズン2でお会いしましょう。「こくう」でした。

保存保存




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

こくう

花に寄せ、縁の糸を辿ったらみたら、こちらに繋がり嬉しいかぎり。 我、詩人やってるつもりで書いてもその実態、 関西人&オヤジのダブルアクションだから、しょうがない。 ワルノリしたらは止められないことも多々あれど、 今日も空見て物思い。吟遊詩人に成れるはいつの日か、 直中修行の毎日でっす。どうかよろしゅうにぃ~。  草々

最新記事 by こくう (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

花に寄せ、縁の糸を辿ったらみたら、こちらに繋がり嬉しいかぎり。
我、詩人やってるつもりで書いてもその実態、
関西人&オヤジのダブルアクションだから、しょうがない。
ワルノリしたらは止められないことも多々あれど、
今日も空見て物思い。吟遊詩人に成れるはいつの日か、
直中修行の毎日でっす。どうかよろしゅうにぃ~。  草々