フラワーベースも工夫次第!願いを叶えるのはこの形.

こんにちは、ミモザです。先日、冬に着実に向かっている北海道から、飛行機でぶぃ~んと関東へ旅行に行ってまいりました。関東の気温は20度を超えていて、北海道でいうところの「いい感じ」でした。
そんなこんなで気分がほわんほわんしているミモザがお届けしたいお話しは、フラワーベースについてです!

あなたはお花を生けるとき、思い思いのフラワーベースをお使いかと思います。
特にこの形が好きというわけではないんだけれど、安かったから!という理由で使っている人もいれば、どうしてもこの形とこの色が気に入っちゃって!という人もいるでしょう。
あなたが1日を気持ちよく過ごせるのであれば、どんなフラワーベースでも基本的にはOKだと思います。
ただ、もしもうちょっと気分をあげたかったり、叶えたい願いごとがあるのだとしたら、フラワーベースをほんのちょっと工夫してみる方法があるんですよ!

ミモザがおすすめするのは、宝珠型フラワーベースを使うことです。
宝珠は、如意輪観音様、地蔵菩薩様、虚空蔵菩薩様が片手に持っているもので、寺院の屋根の一番上や、橋の欄干などにもみられるものです。苦悩を吸収して、幸せを放出する形といわれています。
形が思いつかない方のために・・・
底がころんと丸くなっていて、上(口)へ行くに連れて細くなっているタイプです。
ハクション大魔王の壺のようなものでもいいと思いますよ。とにかく、底がころんとしていて口がしゅっと細いものです。

想像できたでしょうか?割りと多く目にするタイプだと思いますよ。
願いごとを叶えたい!という方は、宝珠型のフラワーベースを探しに行ってみてください。
そして、ガーベラなどの放射状になっている明るいカラーのお花を選んで生けると、尚良いと思います。

せめてキレイなお花をめでるのなら、同時に苦悩を吸収してもらい、幸せがぱぁっと降り注ぐようなフラワーベースを使ってみるのも、いいと思いますよ。




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ミモザ

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。 ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。 だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。 心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。

最新記事 by ミモザ (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

縁あってラルブルで文章を書いている、中の人。その名もミモザ。
ながぁい文章の中に登場人物と情景とストーリーを把握するのが面倒(小説が苦手)。
だけど、短い文章の中に登場人物と情景とストーリーと心情を見出すのが大好物(詩)。
心理カウンセラーだったりして、カードリーディングもやったりして、花もすき、宇宙もすき。