Mind Map

こんにちは。江藤です。

昨年10月の初めに書いてた「君の名は」って記事の続きです。
書こう書こう、と思いつつ年を越してしまいましたね(笑)

さて、名前のことなんですけど、
なんで、名前のこと?って感じだと思いますよね。
詳しい背景は「君の名は」って記事を読んでいただきたいな。と思うわけですが、
あなたは、自分の事をどんな人間だと思ってますか?
ということなんです。つまるところは。

僕の好きな本に「7つの習慣(Amazonにリンクしてます)」って本があります。
今から10年ぐらい前かな。。
初めてしっかりしたビジネス書を読んだのがこの本で、
この本に書いてある

我々は研究をやめてはならない。
そして。我々のすべての研究の最後は、
初めにいた場所に戻ることであり、
その場所を初めて知ることである。

という文章が、ずーーーーーーーっと、何かのたび毎に思い出される。
また、

終極において、人は人生の意味はなんであるかを問うべきでは ない。
むしろ自分自身が人生に問われてると理解ですべきである。
一言で言えば、 すべての人は人生に問われているのだ。

とある。

なんとなくは理解できるようになってきたけど、
そのひとつの答えなりきっかけが、実は「名前」にあるんじゃないかなぁ。。
というひとつの仮説が生まれたわけです。

ここまで読んでみると、ひょっとしたらあなたは小難しく感じてしまって、
しかめっ面になってるかもしれません(笑)
にっこりしてくださいね。ここからはちょっとした遊びです。

自分の名前って?というのをちょっとした遊びで紐解いてみました。
使った方法は「マインドマップ(Amazonにリンクしてます)」というのを使ってみました。

連想ゲーム的に中心から枝を作りながら外側へ広げていくんですけど、
こんな感じです↓

紙の真ん中にモクモクって雲を描いて、
僕は「江藤公彦」という名前なので、
4つの枝を描いて、それぞれに「江」「藤」「公」「彦」って書いてみる。

あとは、その文字ごとから連想されるイメージや言葉を
枝分けしながらどんどん書いていく。
僕は漢字の意味をググってみたりして少し書いてみて、
あとは連想ゲーム的に広げていきました。

ある程度書き上げたタイミングで全体を見渡しながら、
ピンとくる言葉なんかを丸で囲ったり、チェックしたりしてみる。
この時に、今まで自分がやって来た事が言葉として表現されてたり、
やってみたいなぁと思ってた事が表現されていたりするかもしれません。

そして最後に、真ん中のモクモクの雲の中に、
ざっくり総括した言葉を入れてみる。
まとめられる場合「私は〇〇な人だ!」とか、
「私の使命は〇〇だ!」とかの発見があるかもしれません。

でもなんとなく、こんな感じなのか。。と感じるだけでいいと思います。
やりたいと思ってた事が「やっぱりやるべきだ!」って思えたり、
やりたいと思ってたけど「本心では違うことを求めてた!」って思えたり、
いろんな発見があると思います。

年初にぜひぜひ遊びとしてやってみてください。
ひとつ、自分のアイデンティティに気づく遊びとしてのワークのご紹介でした♪

 

p.s.
僕が思うギフトのあり方って、
よくいろんな広告で見かける「大切な人へ」って言葉と少し違って感じるんです。
実は、贈り主本人の為に「大切な人へ」贈るもののような気がしてます。

僕が扱うギフトが「花」だからそんな風に思うようになったからかもしれません。

「お供え」って、亡くなった方へのお悔やみなんかで使う言葉だけど、
言葉の意味を広げていくと「結んで次を迎える」という意味に広がっていく。

ありがとう。などの感謝の気持ちや、
今年も素敵な一年に。なんて祈りの気持ちも、
花という結びをお贈りすることで、一緒に次に行こうねという気持ちを贈ってる気がする。

そう思うと、贈り物ってとっても素敵だ。
人生をひとつずつ丁寧に生きてるなぁ。って思える人は、
こういう結びもきっちりしてはるな。そういえば。

保存保存




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

えとう

当サイトの運営責任者。ラルブルの店長。深ぁ〜く考え抜いて、簡単に解釈することが生きがい。花の仕事は、お店のギフトから雑誌のコーディネートから、最近はいろんなことにチャレンジしてる結果、多忙すぎてブログの記事更新はサボり気味。。 一緒に仕事できる仲間を募集中です!僕の仕事を手伝ってください(汗)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトの運営責任者。ラルブルの店長。深ぁ〜く考え抜いて、簡単に解釈することが生きがい。花の仕事は、お店のギフトから雑誌のコーディネートから、最近はいろんなことにチャレンジしてる結果、多忙すぎてブログの記事更新はサボり気味。。 一緒に仕事できる仲間を募集中です!僕の仕事を手伝ってください(汗)