フラワーtoバレンタイン

もうすぐ2月ですね。
2月と言えば、そう……バレンタインです!

こんにちは、ホリです。
日本中に甘い匂いが漂う今日この頃、あなたはいかがお過ごしでしょうか。

日本でのバレンタインは「女性から男性へチョコレートで愛を伝える日」とされていますが、これは本命がいる場合のみに適応される「本命チョコ」のこと。
最近は「義理チョコ」「友チョコ」、さらには「逆チョコ」「ファミチョコ」なんて言葉もあるんです。逆チョコはその名の通り男性から女性へチョコを贈ること。ファミチョコは某コンビニのことではなく、「ファミリーチョコ」の略です。
また、自分に贈る場合は「マイチョコ」「俺チョコ」なんて呼ばれていたりもします。
わたしも、昔は本命チョコ、義理チョコ(=社交チョコ)、友チョコあたりは送っておりましたが、かなり多様化しているんですねぇ~。

さて、そんなお菓子メーカーの戦略によってこれだけチョコレートのバリエーションが増えてきたのですが、よくよく考えてください。

もとのバレンタインデー、つまり欧米では、「男女がお互いの愛の気持ちや感謝の気持ちを伝えあう日」なんです!
その最もポピュラーな例が、男性が女性に赤いバラを贈る、というものなんですよね。

そんなわけで、ここ最近のお花業界ではバレンタインに積極的なPRをしているんです~。

とはいえ、ひねくれものの私。
「バレンタインだからって、赤いバラですか、そうですか。

 

……安直!!!!」

なんてね、思うわけですよ。
せっかくめったに贈らないお花を贈るのだから、ちょっと個性を出してみたくなりませんか?
あぁ、さすがセンスのある人は選ぶ花が違うわ~みたいに言われてみたくないですか?

そうでしょう、そうでしょう。
そこで!
本日わたしがおすすめしたいフラワーギフトが≪スタイルギフト≫です。
「Boho(ボーホー)」「Shabby Chic(シャビーシック)」「Vintage(ヴィンテージ)」「Marine(マリン)」の4スタイルがすでに作られていて、NETで買うときの一番の不安、「写真でみたのと全然違う!」というリスクがありません

ぶっちゃけ贈る相手の花の趣味とかわからん~ってこともあるかと思いますが、そのときはいつもの服装を思い出してみてください。

無印●品で売っているようなベージュや素材感が好きそうな人には、まず「Boho」で間違いはありません。
逆に、ちょっと個性的。Dr.Marte●sみたいなちょっとゴツめの靴を履いてそうなら「Vintage」いっときましょう。
ふわふわニット、だぼっとした洋服を着てる、クールというよりエレガントなお相手なら「Shabby Chic」。
爽やか!おしゃれさん~!って子には「Marine」がベストです!

今年のバレンタインデーはお花を贈るぞ、と思っているそこのあなた。
ぜひ参考にしてみてくださいね♪
ちなみに、本当に花なんか贈って引かれない?と心配しているあなたはホワイトデーのお返しに花はアリ?の記事を一読ください。

結論:お花を贈るのは、アリです!

それでは今日はこの辺で。
「マイチョコ」を楽しみたいホリがお送りいたしました~

The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

最新記事 by ホリ (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°