貰ったお花、どうする?

こんにちは!ホリです。

ついに2月になりました~✧˖°
バレンタインに向けて、そわそわしてる方もいらっしゃるかもしれませんね。

さてさて、前回の記事の「愛妻の日」「バレンタイン」、さらに「ホワイトデー」と、なにかとお花を貰ったり贈ったりする機会が多いこの季節。いつもなら、お花を贈ろうぜー!という話をしてしまいがちなので、本日は貰った場合のお話をしたいと思います♪

 

多くの人がお花を貰うとき、「花束」というかたちで受け取ることが多いですよね。
でも、貰った後ってどうされていますか?そのままお家に置いておく?
そんなことしたら、気づけば枯れちゃった~ってなってしまいますよね。

それでははもったいない!

せっかくいただいたお花ですから、なるべく長い間きれいな姿でいてもらいたいもの。

そこで!
まずは、そのお花、活けてみませんか??
さっそく手順をご紹介します~!

1.花束のゴムを外す
かたちを崩したくないからといって、ゴムを付けたまま花びんに入れるのはNGです。
また、茎を切らずに入れると花びんによってはバランスが悪く、花の首が下がりやすくなるのでやめてあげましょう~

2.水揚げをする
お花を活ける前にすること、それは「水揚げ」です。
一般的な水揚げは「水切り」という方法。
水の中で茎の下を数センチ長めに切り落とし、お花が水を吸い上げやすいようにしてあげます。
ラルブルの<お花の楽しみ方動画>を見ている方にはおなじみかと思いますが、余分な葉っぱや小さなつぼみも剪定して、出ていく水を減らしてあげましょう~
※腐っている部分はすべて切り落としてくださいね

3.ラウンド型に活ける
お花を活けるなんて難しそう…と思われるかもしれませんが、すべてのお花を同じ長さにカットして作るラウンド型なら、そんなに難しくありません。こんもり丸いシルエットになるよう、花瓶を回しながらお花を入れていけば完成です★

「お家に花瓶なんてないよ~」という方もご安心を!
空いたボトルや缶にさらっと入れてあげればいいんです。
完成度を高めるコツは、お花の高さ=器の高さの2倍にすること。
花の向きも無理に変える必要はありません。自然な向きのままで使ってあげましょう。

活けた後は、高温多湿な場所を避け、冷暖房の風が直接あたらないようにし、1日に1度水替えをしてあげるとより長持ちしますよ!

貰って嬉しい、贈って嬉しい、花束のプレゼント。
ぜひ長く楽しんであげてくださいね♡

それでは今日はこの辺で。
ホリがお送りいたしました~

The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

最新記事 by ホリ (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°