西洋のサクラ

こんにちは!
いつもブログをご覧いただきありがとうございます、ホリです。

すっかり4月も中旬に差し掛かりましたが、本日4月19日は《プリムローズ・デー》と言われているそうです。

イギリスの貴族ベンジャミン・ディズレーリという人の好きな花がこの【プリムローズ】で、ヴィクトリア女王は宮殿の庭で摘んだプリムローズをよく彼に贈っていたそう。そんなディズレーリの忌日であることから、この名前がつけられました。

プリムローズとは【桜草】のことで、西洋桜草は【プリムラ】と呼ばれています。「プリムラ」と呼ばれている花は種類が多く、世界になんと600種類もあるそうです!種類によって花言葉も違うようなのですが、有名なプリムラ・ジュリアンという品種は「青春の喜びと悲しみ」!色別では紫色が「信頼」、赤色が「美の秘密」という言葉があります。なんだかどれもロマンティックな響きですね…♡

プリムラというのはラテン語で「最初」という意味で、まだ寒さの残る春先から花を咲かせることから名づけられたそう。日本の桜草とは異なり、赤・白・紫・青・黄色と鮮やかな色合いが特徴です。ガーデニングとして人気のお花ですが、切れ目の入った鍵のような花びらの形がとっても可愛い~°✧˖°英国貴族が惚れるのも納得ですね!

日本の野草に慣れていると海外の花ってやっぱり派手だなぁ…なんて思ってしまうのですが、ポジティブな気持ちになりたいときはこの原色に元気をもらえそうです✧˖°

プリムラのような園芸用のお花は、お庭からちょっと摘んでティーカップやガラスの器に活けると可愛いですよ♪食卓にお花がある風景を楽しみましょうー!

それでは今日はこの辺で!
スワッグ作りにチャレンジしたい!ホリがお送りしました~




誕生日の花、ギフト、ボックスフラワーなら大阪の花屋のラルブルへ


< お問い合わせなどはこちらからどうぞ >
The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°