父の日と”黄色”

こんにちは!梅雨の最中の貴重な晴れ間……溜まった洗濯物をがんがん洗濯機で回していますホリです。

本日、6月の第3日曜日は「父の日」ですね。
町のお花屋さんでも父の日用のフラワーギフトをよく見かけますが、ヒマワリの花束が多いな~なんて思いませんか?これには季節的な理由もありますが、実は父の日の由来になっているお話が関係しているんです!

母の日にカーネーションを贈る理由は一度ご紹介しておりますが、父の日には黄色のバラを贈る風習があります。
父の日にバラを贈るという風習は、”男手一つで育ててくれた父への感謝のしるしとして、アメリカに住むドット夫人が墓前に白いバラを供えた”というエピソードに由来しています。そのため、アメリカでは亡くなった父親には「白いバラ」を、健在の父親には「赤いバラ」が贈られているそうです。
日本に伝わったのは1950年代だそうですが、1981年に設立された日本ファーザーズ・デイ委員会による≪父の日黄色いリボンキャンペーン≫のイメージカラーが黄色であったことから、日本では「黄色のバラ」を贈るのが一般的になっています。

母親はともかく、父親にお花を贈る機会はそうそうないですよね。
でもこんな素敵な由来があるのだと分かれば、一度くらいは「黄色のバラ」を贈ってみたくなります。

バラを贈るのが気恥ずかしいなら、「元気」「憧れ」という父の日にぴったりの花言葉を持つ【ヒマワリ】の出番!他には【ガーベラ】もおすすめです♡花色に黄色もありますし、花言葉は「親しみやすさ」とこちらもバラよりカジュアルな雰囲気で贈れますよ♪

黄色やオレンジといったビタミンカラーのお花は、眺めるだけで元気がもらえそう✧˖°
毎日頑張ってくれているお父さんのためにも、どんなかたちであれ、ぜひ感謝の気持ちを伝えてあげてくださいね♡

それでは今日はこの辺で。
黄色い服が似合わない…ホリがお送りいたしました~

 

The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°