\\がんばれ、ニッポン!//

こんにちは、ホリです!
真夏日が続いておりますが、ワールドカップもかなり熱い!
ブログをご覧のあなたも盛り上がってますかーーー???

…なになに?
「頑張っている日本代表の選手を応援したい」ですって?
そんなあなたにおすすめしたいお花があります!その名も――

【ローリエ】

です!
お料理が好きな方には馴染みがあるお花ですよね。
素材の臭みを消すときや煮込み料理に使われることの多い、【月桂樹】の葉を乾燥させたハーブの一種です。
月桂樹というのが和名で、ローリエはフランス語。ちなみに英語では「ローレル」と呼ばれています。

このローリエ、花言葉に「勝利」「栄光」「栄誉」という素敵な言葉があるんです。
由来はみなさまお馴染み、ギリシア神話にちなんでいます。

***
ある日、アポロンはエロス(キューピッド)が弓矢で遊んでいるのを見て、「子供がそんなものをおもちゃにしてはいけない」とからかいました。怒ったエロスは、”恋に陥る”金の矢をアポロンに、また”恋を拒む”鉛の矢を川の神の美しい娘、ダフネに向かって放ちました。
二本の矢が二人の胸にささった瞬間から、アポロンはダフネに恋をし、ダフネはアポロンを遠ざけました。
追いかけてくるアポロンから逃れるため、ダフネは父親の川の神のところへ駆け込み「助けてください、お父様!私の姿を変えてください」とお願いしました。
願いを聞き入れた川の神は、彼女の姿を月桂樹の木に変えてしまいました。
アポロンはダフネへの永遠の愛の証として、ダフネの月桂樹の葉で冠を作り、生涯それを頭にかぶりました。

――と、いう悲恋から月桂樹は太陽神であり芸術の神であるアポロンに捧げられるようになりました。
そして「月桂冠」は、優れた芸術家やオリンピックの勝者へ与えられるようになり、栄光の象徴となったのです。

また、古来は戦に勝利した後にはローリエを使った料理を振舞っていたそう。
まさに強敵と闘い続けるサムライブルーにぴったりのお花ですね✧˖°

月桂樹には「アルコールの吸収を抑える効果」もあるそうなので、お酒を飲みながらサッカー観戦する方は、ぜひローリエを使った料理と一緒に応援しましょう!

それでは今日はこの辺で。
サッカーをするのはめちゃくちゃ苦手です。ホリがお送りいたしました~!

 

The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°