秋を感じる♡オレンジの香り

こんにちは!
金木犀の甘い香りが漂う季節になってまいりました。暦はもう「秋分」です。

昔からこの金木犀の香りが大好きで、香るたびになんだか懐かしい気持ちにもさせてくれます。
金木犀の学名は≪Osmanthus aurantiacus≫といって、”Osmanthus”は、ギリシャ語の”osme(香り)””anthos(花)”に由来しており、”aurantiacus”は”橙色の”という意味です。まさに花の姿を現している名前ですよね。

花言葉はいろいろあるのですが、原産地の中国では位の高い女性の香料などに加工された金木犀が使われていたことから、「気高い人」という言葉がつけられているそう。
他にも、季節の変わり目に降る秋雨の中で、潔くすべての花を散らせるから、とも言われています。

そんな高貴な香りですから、やっぱり長く楽しみたいですよね!
【シロップ漬け】にしたり、【桂花茶】というお茶にしたりと金木犀は食用にもできるのですが、ここはシンプルに香りだけ楽しめる方法をご紹介します♩

**

ひとつは【ポプリ】にする方法。
金木犀は乾燥させると香りがなくなってしまうので、≪モイストポプリ≫という塩を使ったポプリにすれば、香りを持続させることができますよ♡

<作り方>
1.金木犀の花を花びらと茎にわける
2.花びらを生乾きまで乾燥させる(新聞紙に広げて1時間ほど干せばOK)
3.保存瓶に塩と金木犀を交互に詰めていく
4.瓶いっぱいに詰めたら蓋をして密封する
5.そのまま1か月ほど冷暗所に熟成させれば完成★

**

もうひとつは【アロマウォーター】にする方法。
こちらはポプリよりお手軽に作れますよ~♡

<作り方>
1.金木犀の花を花びらと茎にわける
2.耐熱容器に金木犀:お湯=1:9の割合で入れる(香りを強くしたい場合は金木犀の割合を増やす)
3.冷ましてスプレーボトルなどに移せば完成★

そのままアロマスプレーとしてリフレッシュの際に使っても良し!加湿器などに入れて香りを広げて使っても良し!いろんな使い方ができるのが嬉しいですね♡

季節の変わり目で体調を崩しがちな今。甘い香りの金木犀で、身も心も癒されましょう✧˖°

それでは今日はこの辺で。
本日のブログも、ホリがお送りいたしました~!

 

 

 

The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

最新記事 by ホリ (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°