今こそ愛でたい“秋の七草”

こんにちは、ホリです!
暦は≪寒露≫を迎え、澄んだ秋晴れの日が続くようになりました。気付けば昼も短くなってきて、深まる秋を予感させます。わたしはこの時期が一番好きなのですが、ブログをご覧のあなたはいかがですか??

さて、秋と言えば紅葉狩りですが、野山には秋の代表的なお花が咲いています。そんな秋に咲く花の代表的なものとされているのが、“秋の七草”です♩*
「せり」「なずな」…~「すずしろ」と春の七草は有名ですが、秋verとなると知らない方も多いのではないでしょうか。秋の七草は「ハギ」「ススキ(オバナ)」「クズ」「ナデシコ」「オミナエシ」「フジバカマ」「アサガオ(キキョウ?)」の7種です。選ばれた7草は、『万葉集』でも有名な歌人・山上憶良の歌によると言われています。

萩の花 尾花(をばな)葛花(くずはな) なでしこが花 をみなへし また藤袴(ふぢはかま) 朝顔(あさがほ)が花

山上憶良 巻八 1538

※ここで読まれている「アサガオ」が「キキョウ」のことだろうと解釈されていますが、諸説あります。

ほとんど野山の花でしょ?と思われるかもしれませんが、【キキョウ】【フジバカマ】は切り花用としてお花屋さんで売られています。特にフジバカマは、古くから日本で親しまれてきたお花ですが今では野生種は少なくなっており、ほとんどが改良されたものです。

それにしても、淡い薄紅色の小花はとても可憐で、どこかさびしげな姿は、見ただけで心打たれちゃいます…♡
そうそう、花言葉も素敵なんですよ~!
「あの日を思い出す」

ですって!他には、ゆっくりと花を咲かせる様子から「ためらい」といった言葉もつけられています。

原産地である中国では「香水蘭」「蘭草」と呼ばれていて、乾燥させた葉から甘い芳香を発します。どうやら桜餅の葉のような香りがするそうです~♡昔は葉を湯に入れたり衣服や髪につけたりしていたようですが、今でもアロマテラピーなどに使われています。秋のお花は芳醇な香りのお花が多くて嬉しいですね~✧˖°

フラワーアレンジに使うときは、同じく七草のススキキキョウと合わせたり、シュウメイギクなどの秋のお花とあわせると素敵ですよ♩

秋を感じられる七草。お花屋さんで見かけたらぜひ愛でてあげてくださいね♡
それでは今日はこの辺で。ホリがお送りいたしました~!

 

The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

最新記事 by ホリ (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°