ユリとカサブランカ

こんにちは、ホリです!
いつもブログをご覧いただいているお花好きのあなたには愚問かもしれませんが……

ユリカサブランカの違い、ご存知ですか??

先日スーパーで切り花を見つけたのですが、【ユリ】と思って近づいてみると、表記が【カサブランカ】となっていたんです…!改めて聞かれると、その違いが何なのか疑問に思いませんか?
そこで今日は、品種豊富なユリについてのお話です~♩

***

さて、ユリという名前はこのブログでも何度か登場していますが、身近すぎてあまり詳しくお話したことがなかったかもしれません。ユリ、というのはつまりユリ科ユリ属の総称で、カサブランカというのはユリの品種のひとつです。

ユリには大きく分けて4つの品種があって、
①オリエンタルハイブリッド系
②LAハイブリッド系
③OTハイブリッド系
④原種系
となるのですが、カサブランカはこのうち①のオリエンタルハイブリッド系の代表的な品種です。特徴として「花色が白いこと」「大輪」「香りが強い」ことなどがあげられます。
カサブランカと同様に一世を風靡した“コンスタンス”という品種も、このオリエンタルハイブリッド系にあたりますよ♩

また、②のLAハイブリッド系は比較的新しい分類で、オレンジ色やピンク色などのカラフルな花色がそろっています。③のOTハイブリッド系は、黄色やオレンジの大輪といったオリエンタルハイブリッド系にはない色味が作られています。そして④の原種系には、聞き馴染みのある“テッポウユリ”や“ヒメユリ”が含まれています。花はどちらかというと小ぶりで、ナチュラルな雰囲気です。

「純潔」「無垢」というのがユリの花言葉ですが、カサブランカにも「威厳」「純潔」「高貴」、テッポウユリには「純潔」「甘美」「威厳」という言葉がつけられています。さらに花色によってもいろんな花言葉があって、オレンジは「華麗」、ピンクは「虚栄心」、黄色は「陽気」とつけられているそう!いや~さすが人気のお花ですよね。

贈り物としても定番のお花ですが、フラワーアレンジの際は品種によってあわせるお花を変えてみるのもおすすめ♡
ハイブリッド系は結婚式にもよく使われるように華やかな花姿なので、小ぶりなお花より大輪とあわせてゴージャスにしてあげましょう!反対に原種系はスッキリしているので、枝ものとあわせてもまとまりますよ✧˖°
市場に1年中出回っているユリ。たまには自分へのご褒美に買って帰るのも良いですね♩

それでは今日はこの辺で。
ホリがお送りいたしました~!

The following two tabs change content below.

ホリ

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°

最新記事 by ホリ (全て見る)

シェアしてあなたのフィードにもお花を飾ろう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ラルブルブログの文系(?)担当。普段は本に囲まれて生きています。 ブログではブライダル装花とギリシャ神話のお話を中心に発信中。 書いたり読んだり作ったりすることが好き!好きなお花はナチュラルな小花・野草系。 あなたのスキマ時間にそっと寄り添えるようなお花情報をお届けします✧˖°